【呪術廻戦】九十九由基は黒幕?敵か味方か考察

黒幕ではない

 

度々黒幕説が囁かれる九十九由基ですが、残念ながら黒幕ではありません。

なぜなら、渋谷事変、及び、死滅回游を企てたのは、偽夏油の脳=羂索ということが判明したからです。

羂索は夏油傑の肉体だけではなく、虎杖悠仁の母親、加茂憲倫の肉体を転々としてきた過去の人物。

乗っ取られた肉体の額に線が入るので、九十九由基は羂索ではないことが分かります。

また、灰原雄に「良い人」認定された過去もありますので、九十九由基は黒幕ではないと考えられます。

目的は『呪力からの脱却』

九十九由基の目的は、呪霊の発生しない世界を作ることです。

現状の「呪霊を狩り続ける」という呪術高専のやり方は対症療法に過ぎず、呪霊の発生要因を取り除く原因療法を推し進めたい九十九由基とは意見が分かれてしまいます。

そして、九十九由基が考えた呪霊の発生しない世界を作るための手段は以下の2つ。

①全人類から呪力をなくす(呪力からの脱却)

②全人類に呪力をコントロールさせる(呪力の最適化)

夏油傑と出会った当初は、全人類に呪力をコントロールさせることを目指していましたが、渋谷事変では『呪力からの脱却』プランに原点回帰。

しかし、呪力の最適化を目論む羂索と意見が対立するのでした。

【呪術廻戦】九十九由基の現在は?

渋谷事変で死亡した?

渋谷事変で窮地に陥った虎杖悠仁たちの前に颯爽と現れた九十九由基。

軽々と裏梅の攻撃をはねのけ、羂索に対して投げキッスを放ちました。

その直後、羂索は日本中に無数の呪霊を放ち、死滅回游がスタート。

つまり、九十九由基は渋谷事変での戦闘に本格的に参加したわけではないので、今も生存しています。

渋谷事変終了後は呪術高専の上層部との接触を回避するため、虎杖悠仁が呪力操作の訓練を行った地下室に潜伏。

虎杖悠仁が味方に付くのを待ち、次なる作戦に乗り出すのでした。

天元の護衛に就く

 

渋谷事変が終わり、死滅回游が行われる現在、九十九由基が何をしているかというと、天元の護衛です。

渋谷事変終了後、九十九由基は天元と接触し、獄門疆の解き方と羂索の目的と今後の出方を尋ねることになりました。

その際、天元は知ってることを教える代わりに、乙骨憂太、九十九由基、脹相のいずれか2人が残り護衛にあたることを要求します。

その結果、乙骨憂太は死滅回游に参加、脹相は乙骨か九十九が虎杖に必要だと判断し、自分は護衛として残ることに。

九十九由基は天元と話すことがあると言い、護衛としてその場に残るのでした。

【呪術廻戦】九十九由基のまとめ

今回は『呪術廻戦』に登場する九十九由基(つくもゆき)について解説しました。

日本に4人しかいない特級呪術師の一人ですが、術式や強さなど、詳しいことは分かっていません。

死滅回游が行われる今、九十九由基は天元の護衛をしており、本編で登場するのはいつになるのやら…

しかし、2023年放送予定のアニメ『呪術廻戦』2期では登場しますので、アニメのスタートを楽しみに待ちましょう!

おすすめの記事