【文スト】国木田独歩を徹底解説!理想主義者の強さや性格に迫る
出典:「文豪ストレイドックス」公式サイト

国木田独歩とは、理想主義者にして現実主義者、そして、太宰治の相棒であり、中島敦のよき兄貴分です。

生真面目で几帳面な性格ですが、苦労性な一面があり、災難に見舞われることも多いようです。

今回は、国木田独歩について解説しましょう。

【文豪ストレイドッグス】国木田独歩とは


国木田独歩のプロフィール

 

 

  • 年齢:22歳
  • 誕生日:8月30日
  • 身長:189cm
  • 体重:78㎏
  • 血液型:A型
  • 好きな物:手帳、魚釣り、鰹のたたき
  • 嫌いな物:予定外、権威

国木田の見た目は、眼鏡をかけたインテリ風の男です。髪型は長髪で、画像では分かり辛いですが、後頭部で一本にまとめています。

趣味は魚釣りで、作中ではまだ描写されてませんが、休日はのんびりと魚を釣って、多忙な日々の疲れを癒しているのかもしれません。

異能が戦闘向きではないため、福沢社長から武術を学んでおり、その腕前は、自分より遥かに大柄な体格の男を投げ飛ばせるほどです。


国木田独歩の性格

 

 

国木田は、目つきは鋭く、見た目や喋り方は堅物そのものなので、少々近寄りがたい人物に見えます。

しかし、実際は驚くほど面倒見がよく、当初、太宰が、敦を探偵社に入社させようとするのに反対していたにも関わらず、一番敦の面倒を見ているのが国木田であることから、彼の面倒見の良さがうかがえます。

その一方、お人好しで苦労性な所があるため、よく太宰に振り回されてばかりいます。

【文豪ストレイドッグス】国木田独歩の理想とは

理想を夢見る現実主義者

 

 

国木田の理想とは、自分の眼前で人を死なせないことであり、実際、目の前で人が危機に陥っていたら、一目散に助けに行きます。

そのため、国木田は周囲から「理想主義者」や「ロマンチスト」と呼ばれているようですが、当の本人は理想主義者ともロマンチストとも思っていないようです(その割に、よく「理想」という言葉を口にしています)。

なぜなら、本人に言わせると、理想とは叶えるのが難しいものであり、本人はあくまでも、人生の指標として理想を持っているようです。

まさに国木田は、理想を夢見る現実主義者なのです。


「理想」を体現?彼の手帳とは?

 

 

国木田は手帳を愛用しており、手帳の表紙には「理想」と書かれています。

手帳は、たいへんなこだわりがあり、高名な手帳職人カーライルが製造したもので、限定生産品のものを用いています。

あまりにも手帳を大事にしているため、宮沢賢治は、手帳が国木田の本体(?)と思っています。

手帳には、自身の仕事の際の予定表や、人生設計、さらには、結婚相手の理想像までも書かれており(太宰に言わせると、中身は女性に見せない方がいいとのこと)、まさに国木田の手帳は、彼の「理想」を体現したものと言えます。

【文豪ストレイドッグス】国木田独歩の関係者は?

田山花袋とは?

 

 

田山花袋とは、国木田の十年来の友人で、元は探偵社の社員でした。ちなみに、見た目ではわかりづらいですが、国木田と同じ20代です。

田山と国木田が、近しい年齢(国木田が22歳、田山は23歳)であることを考えると、二人は幼馴染である可能性もあります。

異能である「蒲団(ふとん)」は、電子機器を操作する能力で、操るだけでなく、常人の数十倍の処理速度を誇っています。

田山は、引きこもり体質で、異能の名前通り、蒲団の中にいないと能力を発揮できないうえに、ものぐさな性格であるため、太宰とはまた違った意味で、国木田とデコボココンビとなっています。

現在はハッカー(作中では電網潜士、又は電網破りと呼ばれています)となっており、探偵社の情報屋として活躍しています。


田口六蔵とは?

 

 

田口六蔵とは、田山同様ハッカーで、国木田のお抱えの情報屋をしています。田山とは違い、異能は持っていません。

もともと、探偵社にハッキングをしたところ、逆探知されてしまい(探知したのは田山の可能性が高い)、国木田に懲らしめられてから、情報屋になったのです。

十四歳の少年らしく、生意気な性格で、国木田のことを「眼鏡」と呼んでいますが、本心では、兄のように慕っているようにも見えます。


おすすめの記事