【呪術廻戦】加茂憲紀とは何者?強さや術式から、加茂憲倫との関係も解説!
出典:pixiv@時島シクカ

「呪術廻戦」に登場する加茂憲紀。

史上最悪の呪術師・加茂憲倫と同じ名前ということもあり、彼が気になるという方は多いと思います。

そこで今回は加茂憲紀のプロフィールや過去を紹介し、加茂憲倫との関係まで紐解いていきたいと思います。

【呪術廻戦】加茂憲紀とは?過去や声優を紹介


名前加茂憲紀(かものりとし)
誕生日6月5日
年齢18歳
身長不明(177㎝位?)
体重不明
等級準1級呪術師
出身地京都
高専入学方法家系
術式赤血操術
趣味・特技勉強(TOEIC900点代に挑戦中)
好きな食べ物コーヒー
嫌いな食べ物エスニック
ストレス東堂
声優日野聡

呪術廻戦に登場する加茂憲紀は、御三家のひとつ・加茂家の出身で、呪術高専京都校に所属する準1級呪術師です。

史上最悪の呪術師と呼ばれる加茂憲倫と同名ですが、漢字が違います。

それでは加茂憲紀のプロフィールを紹介していきましょう。

加茂憲紀のプロフィールや声優は?

加茂憲紀3

出典:pixiv@牙ya

 

加茂憲紀は呪術高専京都校に在籍する準1級呪術師で、声優は日野聡さんが担当しています。

御三家のひとつ・加茂家の出身のため、高専への入学方法は家系。

『呪術廻戦公式ファンブック』によると身長は175㎝以上、180㎝以下となっています。

特級呪術師である乙骨憂太も175㎝以上、180㎝以下ですが、加茂憲紀は乙骨憂太より1、2㎝低いように見えます。

そんな加茂憲紀は、血気盛んな京都校の中で最も冷静沈着で責任感が強い男。

加茂家の次期当主ということもあり、京都姉妹校交流戦では我が道を行く東堂葵や私怨で動こうとする禪院真依をまとめ上げ、そのリーダーシップを遺憾なく発揮しました。

戦闘時も周囲に目を配り、臨機応変に対応する柔軟さがある一方で、少し天然な面も。

京都校姉妹交流会後の野球戦では3番サードで出場したものの、初回は1回もバットを振らずに三振でアウトになりました。

その後、東堂葵が顔面にデッドボールをもらった時は、敵チームの真希に「ナイッピー」と声をかけるシーンも。

真面目そうに見えてお茶目というギャップが良いですね!


加茂憲紀は加茂家の嫡男

 

加茂憲紀は加茂家の嫡男として迎えられました。

嫡男とは、一般的に正室の産んだ男児のうち最も年長の子を意味しますが、加茂憲紀は側室の子供です。

正室が加茂家相伝の術式を持った男児を生めなかったため、赤血操術を持って生まれた加茂憲紀が嫡男と偽られて本家に入ることなったのです。

本来、御三家の人間は高専に入学する必要はないのですが、加茂憲紀は自分の実力を広く知ってもらうために高専に入学。

いつか立派な呪術師になって母親を迎えに行くことを胸にストイックに勉学に励み、今では同学年でもトップクラスの実力者になりました。

ちなみに、同じく御三家の将来を担う伏黒恵に勝手にシンパシーを感じていますが、伏黒恵は「一緒にしないでほしい」と拒絶しています。

加茂憲紀の初登場回は4巻32話

 

加茂憲紀が初めて登場したのは、『呪術廻戦』単行本4巻32話です。

東京校と京都校の双方が顔合わせをする中、五条悟が大きな箱を運んできました。

箱からでてきたのは、死んだと聞かされていた虎杖悠仁です。

東京校のメンバーにとって虎杖悠仁の生存は喜ばしいことでしたが、京都校のメンバーにとって虎杖悠仁は宿儺の指を飲み込んだ『呪い』でしかありません。

それぞれの陣営に戻りミーティングが行われる中、京都校の学長・楽巌寺嘉伸は京都校のメンバーに虎杖悠仁を殺すように指示しました。

高専に在籍する者として、そして加茂家の嫡男として、京都校全員(単独行動の東堂葵を除く)で虎杖悠仁を襲撃すると決意した加茂憲紀。

楽巌寺嘉伸と結託し、準1級呪霊を放って虎杖悠仁の命を狙いますが、結局、京都校の目的は果たされることなく交流会は幕を閉じました。

【呪術廻戦】加茂憲紀の術式や強さを解説


加茂憲紀は準一級呪術師

加茂憲紀

出典:pixiv@牙ya


おすすめの記事