【ワンピース】フィルムレッドの内容をネタバレ考察!40億巻の内容も紹介

2022年8月6に公開された映画『ONE PIECE FILM RED』では、単純な面白さもさることながら、ワンピースの超重要人物シャンクスのこれまで判明していなかった情報なども公開され大きく話題になっています。

今回はそんなワンピースの映画『ONE PIECE FILM RED』について、徹底的に解説・考察していきます!

『ONE PIECE FILM RED』とは


まずは、フィルムレッドについて基本的な情報をご紹介します。

2022年8月6日公開のワンピースの映画

『ONE PIECE FILM RED』は、2022年8月6日に公開された原作連載25周年記念作品の映画です。

テレビアニメの劇場版としては15作目、FILMシリーズの映画としては4作目にあたります。

前作の映画『ONE PIECE STAMPEDE』からは3年ぶりの映画で、ポスターや特報映像などで使用されたキャッチコピーは以下です。

「歌声、赤髪。」

「赤髪が導く “終焉(フィナーレ)”」

「その歌声がもたらすのは永遠の幸せか、無限の牢獄か」


『ONE PIECE FILM RED』の入場特典

ワンピースの映画では設定画などが収録された小冊子が付くことが多いです。

今回のフィルムレッドでも小冊子などの特典がついていました。

  • 第1週:ONE PIECE コミックス 巻四十億
  • 第2週:ONE PIECE カードゲーム チュートリアルデッキ 40枚入
  • 第3週:ONE PIECE コミックス 巻4/4 “UTA”

メインキャラクターは”世界の歌姫”ウタ

 

フィルムレッドのメインキャラクターは「ウタ」です。

名前ウタ
通称世界の歌姫
CV名塚佳織/歌:Ado
悪魔の実ウタウタの実
家族父:シャンクス(血縁関係はなし)
その他ルフィの幼馴染

ウタはシャンクスたち赤髪海賊団に拾われ、その後はシャンクスの娘として育ちます。

しかしエレジアに起こった悲劇を境に赤髪海賊団と離別することとなり、その後は“歌を通じて世界を幸せにしたい”という信念と自分が信じる「新時代」のために歌姫として活動していました。

フィルムレッドはそんなウタのライブを舞台にした映画で、ウタはヒロインであると同時にメインヴィランでもあります。

ウタの能力やシャンクスたちとの関係などはこちらの記事で詳しく解説・考察していますので、ぜひチェックしてみてください!


フィルムレッドの登場キャラクター一覧

フィルムレッドに登場したキャラクターはこちらです。

映画キャラクター

  • ウタ
  • ゴードン
  • クラゲ海賊団:エボシ
  • クラゲ海賊団:カギノテ
  • クラゲ海賊団:ハナガサ
  • その他:ロミィ、ヨルエカ、アニマルバンド、バックダンサー、音符の戦士

麦わらの一味

  • モンキー・D・ルフィ
  • ロロノア・ゾロ
  • ナミ
  • ウソップ
  • サンジ
  • トニートニー・チョッパー
  • ニコ・ロビン
  • フランキー
  • ブルック
  • ジンベエ
  • その他:ゼウス、サニーくん

赤髪海賊団

  • シャンクス
  • ベン・ベックマン
  • ラッキー・ルウ
  • ヤソップ
  • ライムジュース
  • ボンク・パンチ
  • モンスター
  • ビルディング・スネイク
  • ホンゴウ
  • “ハウリング” ガブ
  • ロックスター

ハートの海賊団

  • トラファルガー・ロー
  • ベポ

バルトクラブ

  • バルトロメオ

ビッグ・マム海賊団

  • シャーロット・リンリン
  • シャーロット・ペロスペロー
  • シャーロット・カタクリ
  • シャーロット・オーブン
  • シャーロット・ブリュレ

海軍・世界政府・天竜人

  • 海軍本部:サカズキ
  • 海軍本部:ボルサリーノ
  • 海軍本部:イッショウ
  • 海軍本部:モモンガ
  • SWORD:コビー
  • SWORD:ヘルメッポ
  • CP‐0:ロブ・ルッチ
  • CP‐0:カリファ
  • CP‐0:ブルーノ
  • 五老星
  • 天竜人:チャルロス聖

その他

  • マキノ

『ONE PIECE FILM RED』の内容をネタバレ

次にフィルムレッドの内容をネタバレでご紹介します。

フィルムレッドは”世界の歌姫”ウタのライブから始まる

 

フィルムレッドは、映画のメインヒロイン/ヴィランであるウタのライブから始まります。

ウタはこれまで素性を隠したまま歌声を発信しており、今回が初めて公の場に姿を現してのライブということで、大盛況していました。

麦わらの一味も同じようにウタのライブを見に来ており、ルフィは次々と音楽が流れる中で”世界の歌姫”ウタが自分の幼馴染のウタであることに気づき、ステージへと乱入します。

そこでルフィの口から

「だってこいつシャンクスの娘だもん」

という衝撃の事実が語られ、物語は急展開していきます。


ウタの本当の目的が判明

「シャンクスの娘」という衝撃の事実が判明した後も、多少のいざこざはあれど特段問題なくライブは進んでいきました。

しかし、だんだんとウタの想いと観客の想いのズレが見え始め、雲行きが怪しくなっていきます。

というのも、ウタがこのライブを開催した理由は

  • ウタウタの実の能力で作り上げた”ウタワールド”という仮想世界で、争いも差別もなく食べ物にも困らず「みんなが平和で幸せに暮らす」

という、ウタにとっての「新時代」を叶えるためだったのですが、これは同時に肉体が現実世界に取り残され、精神はウタワールドに閉じ込められてしまうことを意味していたのです。

エレジアの悲劇の真相が判明

 

ウタの目的が発覚したあと、ウタの元から逃げることに成功したルフィ、ロー、バルトロメオたちは、ウタのもう一人の育て親であるゴードンからエレジアに起こった悲劇とウタの過去について聞くことになります。

その内容は、

  • ウタが初めてエレジアに来た時、”呪われた楽譜”トットムジカがウタの歌声に目を付ける
  • 近づいてきた楽譜(トットムジカ)が世界を滅ぼす魔王であることを知らずに、幼いウタがその歌声でトットムジカを顕現させてしまう
  • 赤髪海賊団の奮闘むなしく、顕現したトットムジカがエレジアを壊滅させる
  • 幼いウタの体力が尽きトットムジカは消えるが、ウタのために罪を被ることにしたシャンクスたちはウタをゴードンに託して出航する

というものでした。

当時真相を知らされずシャンクスに捨てられたと感じたウタは笑わなくなり、海賊を嫌い、ゴードンとたった二人で孤独に生きていくことになります。

そんな生活の中でウタは拾った電伝虫を使って自身の歌声を発信し始め、ファンから感謝のメッセージを貰い笑顔を取り戻していきました。

しかし同時に厳しい外の世界の実情を知り、「新時代」への想いをますます強めていったようです。


シャンクスたち赤髪海賊団が登場

 

ウタの過去と目的を知ったルフィ達は、ウタを止めるべくその場にいた海賊や海軍、CP-0とも手を組んで行動を始めます。

ただ、ルフィ達の精神はすでにウタワールドの中に居り、現実世界では眠っている体がそこら中に放置されている状態。

ウタワールドの中のルフィは再びウタに接触しきちんと向き合いますが、ウタウタの実の能力が解除されないように食べていたネズキノコの副作用で凶暴化していたからか、現実世界のウタは眠っているルフィをナイフで殺害しようとします。

その時に現れ、ナイフを止めたのはシャンクスでした。


おすすめの記事