【ワンピース】バギーがリーダーのクロスギルドとは?設立経緯や目的、今後をネタバレ考察
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

1056話で初めて登場した“CROSS GUILD(クロスギルド)”というバギーの新組織。
世界に大きな影響を与える組織になり、ワンピース争奪戦にも参加する可能性が濃厚です。

クロスギルドの設立経緯から活躍まで、徹底的に解説・考察していきます!

クロスギルドとは

まずは、クロスギルドについて基本的な情報を振り返っていきましょう。

海兵に懸賞金を懸けるというビジネス

クロスギルドは海軍に懸賞金をかけている
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

クロスギルドは海兵に懸賞金を懸けるというビジネスをしています。

これまで海賊は海軍に懸賞金を懸けられ常に追われる立場にありましたが、海軍大将をはじめとする世界政府の力は大きく、海賊にとって世界政府は好戦的に挑むような存在ではありませんでした。

しかし、海兵に懸賞金が懸けられたことで、これまでよりも好戦的に海軍に挑む海賊が増えるどころか、これまで不満をため込んでいた一般市民が海軍の敵になり得る事態になっています。

そのため海軍はこのビジネスとても危険視しており、クロスギルドの中心人物であるバギー、クロコダイル、ミホークに多額の懸賞金をかけました。

功績と知名度のある海兵ほど高い懸賞金が懸けられる

コビーとクロスギルド
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

クロスギルドは、功績や知名度のある海兵ほど高い懸賞金を懸けられるシステムになっています。
クロスギルドの懸賞金は、星や王冠のマークの数で決まるようです。

星マーク1つで1億ベリー相当の宝箱、王冠マーク1つで10億ベリー相当の宝箱がもらえます。
基本的に海兵の階級で懸賞金が決まるようですが、功績や知名度がある海兵の懸賞金はより高額です。

一般的に大佐は星1つで1億ベリーですが、コビーは大佐でも星5つで5億ベリーでした。
ガープは中将ですが、大将と同じ王冠3つで30億ベリーとされています。

コビーの手配書を見た海賊が「コイツの単勝買ってんだ!!配当でけェぞ」と言っており、海兵の手配書を使って賭博も行っているようです。

クロスギルドのリーダーは誰なのか

ミホーク、バギー、クロコダイル、クロスギルド
出典:pixiv@Riku

 

クロスギルドの中心人物はバギー、クロコダイル、ミホークの3人ですが、元々はクロコダイルがミホークを誘って立ち上げようとしていた組織でした。

しかし、設立する中で手違いでバギーが社長として世間に知れ渡ってしまったため、クロコダイルとミホークはバギーを表の顔として矢面に立たせ、いつでも消せるスケープゴートにすることにしたのです。

そのため、結果的に現在はリーダーがバギー、クロコダイルとミホークは大幹部という立場になっています。

あくまでバギーは名目上のリーダーであり、クロコダイルとミホークには頭が上がらない立場でした。
しかし、バギーがワンピースを狙うと宣言したことで、いつでも殺せる存在ではなくなったようです。

クロスギルドの設立経緯をネタバレ

次はクロスギルドが設立された経緯をネタバレで解説します。

クロコダイルがミホークを誘う

クロコダイルとミホーク
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

クロスギルド設立のきっかけは、クロコダイルがミホークを誘ったことです。

王下七武海制度が撤廃され、ミホークが拠点としていたクライガナ島を海軍に包囲されていたタイミングでクロコダイルから連絡が入り、手を組もうと誘いがありました。

ミホークはその誘いに乗り、二人でクロスギルドを立ち上げることにしたのです。

また、この時にミホークはかつて「海兵狩り」と呼ばれていたことが判明しています。

平穏な暮らしを望むミホークですが、クロスギルドのビジネスの内容をきちんと理解した上で誘いに乗ったと思われます。

クロコダイルがバギーに借金返済を要求しに行く

バギー借金
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

クロスギルド設立が決まったクロコダイルはお金が入り用であったため、バギーから借金を返してもらうためにバギーの元を訪れます。

どうやら頂上戦争で共に戦ったよしみでバギーズデリバリー設立の費用を貸していたようでしたが、バギーには借金を返すアテがありませんでした。

そのため、バギーは借金返済の代わりにクロコダイルの新ビジネス(クロスギルド)の広報を請け負うことを申し出ました。

部下の勘違いによりバギーが表向きのリーダーになる

クロスギルドリーダー
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

借金の取り立てから逃げるためにクロスギルドの広報を請け負ったバギーは、実際の作業を部下たちに任せます。

するとバギー座長が大好きな部下たちは「座長を一番カッコよくしたポスター」を作り、「全世界にバラまいちゃった」とバギーに報告しました。

こうして部下たちの愛によってバギーが組織のトップであるかのようなポスターが全世界に広まり、海軍もそれを信じてバギーを四皇に選んでしまったため、クロコダイルとミホークはバギーをいつでも消せるスケープゴートとしてリーダーに祭り上げることにしたのでした。

クロスギルドの設立後の動向をネタバレ

Tボーン中将が殺害され海軍に動揺が走る

Tボーン中将死亡
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

1082話では、一般市民の手でTボーン中将が殺害されたことが明らかに
懸賞金が懸かったことで、海兵が一般市民に殺される展開は予想されていたことです。

しかし、作中屈指の善人だったTボーン中将が、最初の犠牲者になったことは読者にも衝撃を与えました。
Tボーン中将死亡のニュースは、作中で大々的に報道されています。

海兵は市民から狙われることを意識しながら、市民を守るために戦うことを要求されます。
海兵の士気が下がる可能性が高くなり、クロスギルドの影響力はますます強くなりそうです。

おすすめの記事