扉絵で誰かの結婚式に参加

頂上戦争以降再び登場が減った赤髪海賊団は、扉絵で誰かの結婚式に参加しており話題になりました。

この結婚式が誰のものだったのかは未だ判明していませんが、わざわざ扉絵で描かれたということで既に読者も知っている誰かの結婚式だったのではないかと言われています。

シャンクスから「ワンピースを奪りに行こう」と言われる

ワノ国編終盤では、何故か赤髪海賊団がワノ国近海に姿を現し、カイドウ達との戦いで消耗した直後にワノ国を襲撃した海軍大将緑牛をシャンクスが覇気のみで追い返す様子が描かれ話題になりました。

現れた理由は判明していませんが、成長したルフィを確認しに来たのではないかと言われています。

そして、シャンクスがニカ姿のルフィの手配書を確認した後、ベン・ベックマンに対して「なァベック そろそろ奪りに行こうか ”ひとつなぎの大秘宝”」と話したことも注目されています。

また、この時の大事なことを一番初めに話す様子から、現在もベン・ベックマンがシャンクスのよき相棒であることがうかがえます。

ルフィの人格形成に影響を与えている?

 

シャンクスのよき相棒としての印象が強いベン・ベックマンですが、ルフィの人格形成にも大きな影響を与えているのではないかと言われています。

その理由は、映画『ONE PIECE FILM RED』に連動したアニメオリジナルストーリーでのルフィとのやり取りです。

アニメではベン・ベックマンがルフィに対して、人には詮索されたくないこともあることを諭していました。

原作でもルフィは他人のバックボーンに対して興味がなく、ナミやハンコックたちとのストーリーの時にも「言いたくないことを無理に聞く必要はない」というスタンスを保ってきました。

そのため、アニメオリジナルストーリーではありますが、この時のようにベン・ベックマンがルフィに教えた大人の部分が大人になった原作のルフィの人格にも影響を与えているのではないかと言われているのです。

ベン・ベックマンについてのまとめ

今回は赤髪海賊団の副船長ベン・ベックマンについてまとめてきましたが、いかがでしたか?

赤髪海賊団自体の登場が少ないため、ベン・ベックマンの活躍もあまり多くは描かれていませんが、ルフィが成長していく過程を知り、四皇であるシャンクスの相棒でもある重要な人物であることが伝わったのではないでしょうか。

シャンクスがワンピースを奪りに行くと宣言したことから、今後原作での登場回数も増えていくと思われますので、これからの活躍にも期待していきましょう!

おすすめの記事