【ワンピース】世界会議(レヴェリー)を徹底解説!事件の最新情報をネタバレ考察
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

毎回大事件が起こると言われる世界会議(レヴェリー)では「議決結果」「殺人未遂」「死者」についてのスクープがあり、注目が集まっていました。

今回はその3つのスクープ内容、スクープの影で起こった事件などについて解説・考察していきます!

レヴェリーとは

まずはレヴェリーについての基本的な情報をみていきましょう。

各国の王が集まる世界会議

レヴェリーとは、ワンピース世界の各国の王が一堂に会し開催する世界会議のことです。

議題は多岐にわたり、進行役は各国の王たちが持ち回り制で担当します。

レヴェリーへの参加権を持つのは世界政府に加盟している170か国で、1回の会議につき代表の50か国が出席することになっています。

これだけ重要な人物たちが集まるため、各国の護衛達に加えて海軍本部大将率いる海軍も護衛につきますが、それでも「レヴェリーはいつも大事件を呼ぶ」と言われているようです。

また、世界会議が始まる前は、誰も座らないことで唯一の王など存在しないことを証明する虚の玉座の前で独裁しない誓いを立てる決まりになっています。

しかし、908話ではこの誰も座らないはずの虚の玉座に座るイム様と呼ばれる人物が現れました。

イム様についてはこちらの記事で詳しく解説・考察していますので、ぜひチェックしてみてください!

レヴェリーの開催場所と開催頻度

レヴェリーが開催される場所は、天竜人と五老星が住む聖地マリージョアで、開催頻度は4年に一度です。

マリージョアへの立ち入りが許可されているのは、世界政府関係者である海軍や王下七武海のみですが、例外としてシャンクスがマリージョアに立ち入り五老星に直接会いに行く場面もありました。

シャンクスについてはこちらの記事で詳しく解説・考察していますので、ぜひチェックしてみてください!

また、マリージョアに住む天竜人はこちらの記事で解説・考察しています。

天竜人の最高位で、ワンピース世界の表向きのトップである五老星についてはこちらの記事で解説・考察しています。こちらもぜひチェックしてみてください!

レヴェリー参加国一覧

レヴェリーに参加できる権利を持つのは加盟国である170か国で、その中から毎回50か国が代表に選ばれレヴェリーに参加します。

ワンピース原作では過去2回レヴェリーの様子が描かれました。

これまでにレヴェリーへの参加が判明しているキャラクターは以下の通りです。

ゴア王国ステリー
サリー・ナントカネット
アラバスタ王国ネフェルタリ・コブラ
ネフェルタリ・ビビ
イガラム
チャカ
ペル
リュウグウ王国ネプチューン
フカボシ
リュウボシ
マンボシ子
しらほし
ドレスローザリク・ドルド3世
ヴィオラ
レベッカ
タンク・レパント
キュロス
レオ
マンシェリー
悪ブラックドラム王国ワポル
キンデレラ
カバ
サクラ王国
旧ドラム王国
ドルトン
Dr.くれは
バリウッド王国ハン・バーガー
タジン王国モロロン
シシャノ王国タコス
ロシュワン王国ビール6世
マトリョー
プロデンス王国エリザベロー2世
ルルシア王国セキ
コマネ
イルシア王国タラッサ・ルーカス
花ノ国サイ
その他国名不明の王達レモンチーズ
ポトフ
サモサ
バン・ドデシネ

レヴェリーのスクープ①「議決結果」

ここからは、956話で明らかになったスクープの一つ「議決結果」についてみていきましょう。

王下七武海制度の完全撤廃

「議決結果」は、王下七武海制度の完全撤廃が決定したという内容です。

この議題は、王下七武海によって国が被害を受けたアラバスタのコブラ王とドレスローザのリク王によって提案され、大多数の賛成を得て可決することになりました。

なお、このレヴェリーが始まる前、コブラ王とリク王は海軍大将の藤虎を含めた3人で何やら話をしていたことが明らかになっています。

藤虎はこのレヴェリーの間、同じく大将である緑牛にベガパンクが「すげェモン」を完成させたため「”王下七武海”はもう要らねェ」と話していました。

コブラ王、リク王、藤虎の3人が実際にどんな話をしていたかは明らかになっていませんが、タイミング的に王下七武海制度の撤廃について話し合っていたとみてまず間違いないでしょう。

ちなみに、藤虎が話していたすげェモンというのは新型パシフィスタ”セラフィム”のことですが、この新型兵器について2人の王に話していたかどうかはわかりません。

セラフィムとセラフィムを作ったベガパンクについては、こちらの記事で解説・考察しています。ぜひチェックしてみてください!

元王下七武海のその後

ハンコック
出典;pixiv@Riku

 

次は王下七武海制度の完全撤廃が決まった後の、元王下七武海のメンバーについてみていきましょう。

バギー・クロコダイル・ミホークは新組織設立

バギー、クロコダイル、ミホークの3人は、新組織”クロスギルド”を立ち上げました。

元々この組織はクロコダイルがミホークを誘って設立する予定でした。

しかし、クロコダイルがバギーに貸していた金の返済を求めに行った時、返済の当てがなかったバギーが代わりに広報活動をすると申し出た結果、バギーの部下の手によってバギーが一番かっこいいポスターが世間に広まってしまい、手違いでバギーが表向きの社長になったという経緯があります。

設立経緯以外詳しいことは明らかになっていませんが、海軍に懸賞金を懸けるという前代未聞のビジネスにより、ワンピース世界のみならず読者からも注目を集めている組織です。

そんなクロスギルドについてはこちらの記事で解説・考察していますので、ぜひチェックしてみてください!

ハンコックは黒ひげ・海軍と三つ巴の戦闘

ハンコックの元には、ハンコック拿捕のためコビーを含む海軍たちが女ヶ島に押し寄せてきていました。

しかし、海軍側は新型パシフィスタ”セラフィム”達を戦闘に投入し、九蛇海賊団は始めの内押され気味でした。

その直後今度は黒ひげがハンコックのメロメロの実の能力を奪いにやってきます。

最終的にハンコック、コビー、黒ひげのにらみ合いになりましたが、そこでレイリーが登場し、レイリーが見届けるという約束の元、海軍と黒ひげたちは女ヶ島を去っていったようです。

1059話で描かれたこの三つ巴の戦闘はなんとか終わりましたが、ハンコックがいる以上また女ヶ島が襲われる可能性が高いです。

ハンコック自身もそのことを理解しており、「一体どこにゆけば……」と話しているため、次に登場するときには女ヶ島と離れているかもしれません

ウィーブルは緑牛に捕縛される

七武海制度撤廃後に、ウィーブルも海軍に包囲されていました。
しかし、包囲した海軍を全滅させ、白ひげの故郷のスフィンクスに向かいます。

ウィーブルが来た時、海軍のラーテル大佐がスフィンクスを襲撃し白ひげの遺産を奪おうとしていました。
ウィーブルは、ラーテル大佐を撃退しスフィンクスを守っています。

しかし、援軍としてやって来た緑牛に捕らえられ、連行されてしまいました。

新型パシフィスタは王下七武海をベースにしている

ハンコック拿捕のために戦闘に投入されたセラフィム2体ですが、その見た目は幼いころのミホークとハンコックに似ていました。

同じように、元王下七武海のジンベエやくま、クロコダイル、ドフラミンゴ、モリアのセラフィムが確認されています。

これまでパシフィスタは、ベースとなったバーソロミュー・くまと同じ見た目をしているプロトタイプしか登場していませんでした。

しかしセラフィムは見た目が王下七武海の姿をしていたことに加え、百獣海賊団の大看板キングの種族”ルナ―リア族”と同じ特徴を持っていました。

このことからセラフィムは「ルナ―リア族×王下七武海」の血統因子を利用しているのではないかと考えられています。

また、セラフィムには「グリーンブラッド」と呼ばれる特殊な血液が投与されています。

なお、グリーンブラッドに用いられている血統因子には、超人系悪魔の実の能力が付与されています。

それにより、セラフィムにはそれぞれ超人系悪魔の実の能力が確認されています。

パシフィスタのベースとなったバーソロミュー・くまについては、こちらの記事で解説・考察しています。

また、キングとルナ―リア族については以下の記事で解説・考察していますので、ぜひチェックしてみてください!

おすすめの記事