【チェンソーマン】三鷹アサを徹底解説!戦争の魔人の強さや能力とは?
出典:『チェンソーマン』(C)藤本タツキ/ 集英社

目次

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

三鷹アサは、チェンソーマンの第2部から登場するキャラクターです。
登場してすぐに死亡しますが、戦争の悪魔に体を乗っ取られたことで復活し物語の中心人物になっていきます。

三鷹アサは能力や強さについて解説します。

【チェンソーマン】三鷹アサとは

プロフィール

戦争の悪魔と対面するアサ
出典:『チェンソーマン』(C)藤本タツキ/ 集英社

 

プロフィール
名前三鷹アサ
年齢15歳~16歳
誕生日不明
身長不明
学校第四東高等学校
契約悪魔戦争の悪魔(魔人になっている可能性あり)

 

三鷹アサは、主人公デンジと同じ第明かされていませんが四東高等学校に通う女子生徒です。
作中で年齢は明かされていませんが、1年生なので年齢は15歳~16歳と思われます。

第2部はアサの視点で物語が始まっており、チェンソーマンの第二の主人公とも言える存在です。

残念な性格で女性版デンジとも呼ばれる

簡単に勘違いするアサ
出典:『チェンソーマン』(C)藤本タツキ/ 集英社

 

アサは美少女ですが、かなり残念な性格をしています。
コミュニケーション能力が低い上に我が強く、自分の間違いを認めことが多いです。

水族館でデートした際は、デンジが退屈そうにしているのに図書館で覚えた知識を延々と語り続けるシーンも。

デンジとのやり取りを見ていた戦争の悪魔から、つまらない人間だと指摘されますが、自分が正しいと言って間違えを認めませんでした。

少し褒められたりしただけで相手を好きになってしまうなど、恋愛に関してデンジ並みにチョロいため、女性版デンジとも言われています。

一方で、意思が強く自分が正しいと思ったことを貫き通す強さを持っています。

悪魔に母親を殺された過去を持つ

母親を思い出すアサ
出典:『チェンソーマン』(C)藤本タツキ/ 集英社

 

アサは、高校入学前に悪魔に母親を殺されたことが判明しています。
明確な時期は不明ですが、102話でアサと母親が暴れる悪魔から逃げる回想が描かれました。

途中で猫を助けようとしたアサが転んでしまい、アサを助けた母親は悪魔が飛ばした車の下敷きに
たすけた猫も、児童養護施設にいた時に殺されてしまいました。

母親を殺されているため、アサは悪魔を嫌っています
また、母親に買ってもらった制服を大事にしており、人間よりも猫を殺すことの方に罪悪感を感じるようです。

【チェンソーマン】三鷹アサの強さや能力

契約悪魔は戦争の悪魔・ヨル?

アサの体を奪った戦争の悪魔
出典:『チェンソーマン』(C)藤本タツキ/ 集英社

 

三鷹アサは、ヨルと名乗る戦争の悪魔の能力で戦います。
ヨルという名前は、アサが呼びやすいように考えたもので本当の名前ではなさそうです。

アサは体を乗っ取られた状態ですが、魔人なのか戦争の悪魔と契約しているのかはわかりません
魔人なら人格を完全に乗っ取られるはずですが、脳が半分残ったアサは二重人格のような状態です。

ヨルの人格になった状態が魔人で、アサの人格の時は悪魔と契約している状態とも解釈できます。
アサの状態は、今までの作中では前例がない特殊な状態の可能性が高いです。

ヨルの人格になった時は、目が同心円状に変化します。
アサは戦争の悪魔を恐れていましたが、意外と馬鹿だとわかってからは飼いならせるかもしれないと考えています。

罪悪感があるほど強い武器を作成可能

制服強強剣を作るアサ
出典:『チェンソーマン』(C)藤本タツキ/ 集英社

 

アサは、戦争の悪魔の力で自分の所有物を武器に変えることが可能です。
武器にできるのは無機物だけでなく、人間を含む生物も武器にできます。

アサとヨルどちらの人格でも武器化は可能で、自分の物だと認識すれば他人の物でも武器にできます。
人間の場合は、アサを好きになると自分の物と認識されるようです。

武器にする際に罪悪感が強いほど強力な武器を作ることができ、作中では以下の武器が登場しました。

 

武器の名前(作成者)解説
田中脊髄剣(ヨル)
  • 教師の田中を武器化した剣
  • 田中がアサのことを好きだったため、武器化できた模様
手榴弾(ヨル)切り落とした正義の悪魔の腕から作り出した爆弾
鉛筆の槍(ヨル)拾った鉛筆から作り出した槍
制服強強剣せいふくつよつよけん(アサ)
  • アサの母親が最後に買ってくれた制服から作り出した剣
  • 制服を武器化する罪悪感が強かったため、非常に強力
水族館槍アクアリウムスピア(アサ)
  • 100万円で水族館を購入したと思い込んで作り出した槍
  • 心臓を破壊されない限り不死の永遠の悪魔を一撃で倒す威力
デンジ脊髄剣(ヨル)
  • 戦争の悪魔がデンジを武器化しようとするが失敗
  • 失敗した理由は明らかになっていない
定規剣(ヨル)カバンに入っていた定規で作り出した剣
爪ナイフ(ヨル)アサの爪から作り出したナイフ
スーパーチェンソーマンバイク
(アサ)
  • 落下の悪魔から逃げる途中で盗んだバイクで作り出した
  • バイクとして使用可能だが、悪魔の触手を切り裂くチェンソー付き

戦争の悪魔はチェンソーマンに食べられて弱体化している

チェンソーマンに敵意を燃やす戦争の悪魔
出典:『チェンソーマン』(C)藤本タツキ/ 集英社

 

戦争の悪魔はチェンソーマンに食べられて弱体化しているため、強くありません
104話で戦争の悪魔は、チェンソーマンと戦って体を食べられたことを説明しています。

チェンソーマンに食べられた悪魔は消滅しますが、戦争の悪魔は体の一部を食べられただけだったので消滅はしていないのかもしれません。

また、チェンソーマンに食べられたことで、核兵器や第2次世界の記憶が人間から消えたとマキマは語っていました。

戦争の悪魔が体の一部を食べられたことで、核兵器と第2次世界大戦の記憶が消滅したと考察できます。

戦争の悪魔は、人間の時代を終わらせる悪魔に勝てると可能性があるらしく、本来は相当強い悪魔であるのは間違いありません。

おすすめの記事