呪術廻戦ネタバレ246話|日車覚醒!五条悟にも並ぶ才能を魅せる‼︎

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

2023年12月25日発売の週刊少年ジャンプ新年第4・5合併号に掲載される『呪術廻戦』246話のネタバレと考察をご紹介します。

呪術廻戦ネタバレ245話のおさらい

呪術廻戦ネタバレ245話①|秤vs裏梅の戦いが描かれる!

  • 二人は新宿から離れた住宅街で戦う
  • 裏梅が霜凪しもなぎで秤の半身を氷漬けにする
  • 氷漬けにした半身を砕いたことで、秤の右腕が粉砕する
  • 「終わりだな」と言い、勝利を確信する裏梅
  • 秤は、反転術式により腕を回復させる
  • そのまま裏梅の頭を鷲掴みにし、地面に投げ飛ばす

呪術廻戦ネタバレ245話②|秤の反転術式を脅威に感じる裏梅

  • 裏梅に猛攻を仕掛ける秤
  • 裏梅によると、秤の反転術式は宿儺や五条を凌駕するとのこと
  • 秤の反転術式を裏梅は脅威に感じる
  • 秤の足技を受け止め、そのまま足を凍らせてへし折る
  • 裏梅が反応できぬほどの速度で足が回復し、そのまま裏梅を蹴り飛ばす

    呪術廻戦ネタバレ245話③|秤と裏梅の戦いはさらに白熱する!

    • 突如、認識を改めると話す裏梅
    • 裏梅がいうには、人間は欲望を抑える生き物とのこと
    • 秤にはそういった人間性がまるでないと裏梅は話す
    • 「お前を人間とは思わん」「全力を出す」と言って、構える裏梅
    • 「こっちはもうアツくなってんだ‼︎」「キンキンのやつ持ってこい‼︎と、秤もアツくなる

      呪術廻戦ネタバレ245話④|宿儺が自ら裁判を終わらせる!

      • 場面変わって、新宿での様子が描かれる
      • 日車が宿儺が犯人だと答弁する
      • 日車の答弁に、宿儺が「長い」と言って、話に割り込む
      • 「俺がなにしたかなどどうでもいい」と言って、裁判を終わらせるよう話す宿儺
      • ジャッジマンが宿儺を有罪にし、「没収」「死刑」と言い渡す
      • 日車のガベルが処刑人の剣に変化する

        呪術廻戦ネタバレ245話⑤|高専側の思わぬ誤算が判明

        • ここで、宿儺が十種影法術とくさのかげほうじゅつを失っている可能性が示唆される
        • 日車の領域が解除されると同時に、動き出す呪術師たち
        • 日車は思わぬ誤算に気づく
        • 実は、宿儺の術式が没収されていないことが判明
        • ジャッジマンは代わりに神武解を封じていた
        • 宿儺の複数の斬撃が、日車を襲う
        • その瞬間に、日下部が日車の前に立ち、斬撃を受ける
        • ここで、没収は呪具を優先して封印することがナレーションで判明する

          呪術廻戦245話のネタバレ詳細を知りたい方は下記よりご覧ください

          呪術廻戦ネタバレ246話

          呪術廻戦ネタバレ246話①|経験の浅さを悔やむ日車!

          246話は、日下部が日車を庇った続きから始まります。

          日車は、「クソッ!俺の戦闘経験の浅さがここで出た!」と悔やみます。
          その上、宿儺の斬撃による傷を負ったことで、思わず体勢を崩しかけました。

          一方、斬撃を肩代わりした日下部は、シン・陰流「簡易領域」を発動し、防御体制に入ります。

          宿儺の斬撃を受けて日下部は、全てが「世界を断つ斬撃」ではないことに気づきました。
          日下部の見立てによると、「世界を断つ斬撃」を放つには、何かしらのタメや縛りが必要のようです。

          また、宿儺が◻︎開ボックスフーガを使わないことを気持ち悪く感じる日下部ですが、使われた時に対処する術はないため、今は使えないのだと結論づけることにしました。

          術式を没収できなかったことに対し、日下部に謝る日車。
          そんな彼に日下部は、「充分だ‼︎」「死んでもお前を守るぞ」と本気になります!

          呪術廻戦ネタバレ246話②|次々と術師を跳ね除ける宿儺

          周囲にいる術師を見て、全員の基礎的な呪力強化術が強化されているのを感じる宿儺。
          続いて、「最低限守りを固めてきているわけだ」「次は足だな」と話します。

          宿儺に向けて穿血せんけつを放つ脹相ちょうそう
          その時、「かけっこするか 餓鬼ども」と言って、宿儺は穿血の射線から姿を消しました。

          次の瞬間、宿儺の2本の腕が、脹相の腹を貫いていました。
          これには脹相も血を吐き出し、倒れてしまいます。

          引き続き、顔をフードを纏った猪野琢真が宿儺に切り掛かりました。
          彼が武器に持っているのはなんと、七海の持っていた布で巻かれたナタ。

          七海の武器を持って切り掛かる猪野ですが、宿儺に攻撃を受け止められてしまいます。
          しかし、どうやら宿儺は、想定以上の威力を感じたようです。

          この想定外の威力に宿儺は、猪野の持っている武器には七海の術式が刻まれているのではないかと推測します。

          とはいえ、宿儺にダメージを負わせるほどのものではなかったのか、猪野の攻撃は押し返され、そのまま弾き飛ばされてしまいました。

          おすすめの記事