【チェンソーマン】刀の悪魔、サムライソードを徹底解説!
出典:『チェンソーマン』(C)藤本タツキ/ 集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

『チェンソーマン』第1部の序盤にて、デンジ最初の宿敵として活躍したサムライソード。
第2部では公安所属のデビルハンターとして再登場した事で話題を呼びました。

今回はそんなサムライソードの正体や能力について徹底的に解説していきます!

【チェンソーマン】サムライソードとは何者?

正体は刀の悪魔に変身できるヤクザ

出典:『チェンソーマン』(C)藤本タツキ/ 集英社

 

サムライソードは『チェンソーマン』3巻23話から登場した「刀の悪魔」に変身できるヤクザです。

デンジと同じく悪魔の心臓を移植したいわゆる「武器人間」の1人となっています。
またヤクザの身内からは「若」と呼ばれているため、組長の息子なのでしょう。

他人を見下す癖があり、初対面であるデンジ達に「舌が馬鹿」と言い放ち、自身が味を知る人間であると誇示する姿も見られました。

祖父はデンジから借金を取り立てていたヤクザ

出典:『チェンソーマン』(C)藤本タツキ/ 集英社

 

実はサムライソードの祖父は、第1巻1話にてデンジから借金を取り立てていたヤクザです。

サムライソードは祖父に相当甘やかされて育ったようで、事あるごとに祖父がいかに尊敬できる人間かを語っていました。

ただその内容が「女子供も数えるほどしか殺していない」「薬売った金でなんでも買ってくれた」と、とても人間として褒められる内容ではありません。

側から見れば私利私欲のためになんでもする外道ですが、そんな人間に甘やかされた身からすれば優しい祖父に見えるのでしょうか?

デンジについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

本名はモミアゲマン?

出典:『チェンソーマン』(C)藤本タツキ/ 集英社

 

サムライソードに関しては作中で本名は明かされておらず、ファンからは主にサムライソード、もしくは「ヤクザの孫」と呼ばれています。

しかし、2023年3月に発売された「にふぉるめーしょん チェンソーマン シールウエハース」のシールでは、彼をモミアゲマンと呼称していました。

これは作中でデンジから呼ばれていたあだ名ですが、本名だとすると余りにも可哀想な気がします。

なのでモミアゲマンは本名ではなく、人間体時の呼称と考えるのがいいでしょう。

【チェンソーマン】サムライソードの目的は?

大好きなじいちゃんを殺したデンジへの復讐

出典:『チェンソーマン』(C)藤本タツキ/ 集英社

 

サムライソードの最大の目的は、大好きな祖父を殺したデンジへの復讐です。

ただヤクザの死に関してはデンジのせいではなく、ゾンビの悪魔と契約した時点でゾンビとなり死亡していました。
あくまでデンジはゾンビになったヤクザを倒しただけで、不可抗力だったといえます。

しかし、デンジがそのことを告げても、「学歴のねえ馬鹿はすぐ嘘をつきやがる」と全く聞く耳を持っていませんでした。

自分のことを正しいと信じて疑わず、祖父に対して盲目的なサムライソードの性格がよく表れています。

おすすめの記事