ワンピース1096話ネタバレ|ロックス、ロジャー、ガープ、ガーリングの激突!!

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

2023年10月30日(月)発売の週刊少年ジャンプ48号に掲載される『ワンピース』1096話のネタバレをご紹介します。

ワンピースネタバレ1095話のおさらい

ワンピースネタバレ1095話①サターン聖の能力が明らかに!

  • ワンピース1095話のタイトルは”死んだ方がいい世界
  • サターン聖が上陸した事を聞き中将と少将より下の海兵が撤退する
  • 海兵の中には肖像画でしか五老星を見た事がない者もいる
  • サターン聖が刺された事で海兵は銃を構える
  • 目からオーラを出してボニーとサンジを攻撃する
  • サターン聖の血が消えていくことに驚くフランキー
  • 地面に倒れて動けない黄猿が任務が遅れていることをサターン聖に謝る
  • サターン聖がルフィを脚で貫こうとするが、フランキーがストロングライトで助ける
  • サターン聖がルフィやボニーの参戦は予想外だったが、島から誰も逃げられないから誰から死にたいと処刑宣言

ワンピースネタバレ1095話②くまの種族はバッカニア族

  • サターン聖が手始めにボニーから処刑しようとする
  • ボニーの処刑をやめろというベガパンク達
  • お前が私の父を殺した!!”と叫ぶボニー
  • サターン聖がくまの種族がバッカニア族だという
  • バッカニア族は昔世界に対して大罪を犯した一族だった
  • くまが幼いボニーに開放の戦士ニカのことを話している場面がフラッシュバックする
  • くまはニカのドラムのリズムを鳴らし二人は一緒に踊っている
  • ボニー 私は自由になれず苦しんでいる人々を救えるヒーローになりたかった”と言うくま
  • ”あたしのことも自由にしてくれる?”と尋ねるボニー
  • ”もちろんだ!!”と答えるくま

ワンピースネタバレ1095話③明かされるくまの過去

  • 回想が始まり47年前のサウスブルーにあるソルベ王国の出来事
  • くまは大きな男の子として生まれ、くまの父クラップはバッカニア族の一員で母は普通の人間だった
  • クラップは病院の先生にくまの血液情報を漏らさないように頼む
  • 数年後くまの血筋情報が世界政府に漏れる
  • クラップは抵抗するも親子共々捕まり、マリージョアの奴隷にされた
  • くまも荷物持ち奴隷としてこき使われる
  • 機敏に動けないだけで鞭を打たれてしまうくま
  • クラップもくまとは別の天竜人の奴隷になっていた
  • クラップはくまの母が死んだことをくまに伝える
  • 母が死んだことを受け号泣するくま
  • くまはクラップからバッカニア族で語り継がれている太陽の神ニカの伝説を聞かされる
  • クラップは”どんどっとっと♪”というリズムでくまのために踊り始めるが、騒ぎすぎたために天竜人に頭を撃たれてしまう

ワンピースネタバレ1095話④ゴッドバレーで行われていた人間狩りゲーム

  • 場面は38年前に切り替わる
  • 天竜人のMCによると、3年に1度天竜人がマリージョアから降りてきて政府加盟国以外の島で「先住民一掃大会」を行うと説明する
  • 大会の内容は、問題のある奴隷を島に放ち、島の先住民共々絶滅させる
  • その後政府はその島を自分たちの島だと主張する
  • 38年前に天竜人が選んだ島がウエストブルーにある「ゴッドバレー」だった
  • ゴッドバレーには豊富な資源がある
  • ゴッドバレーの国王は彼らを止めようとしたが、神の騎士団フィガーランド・ガーリング聖に殺されてしまった
  • 今年の試合はまだ始まっていないが天竜人が優勝者として期待するのはガーリング聖である
  • 国王を殺した事で-1万ポイントから始まるガーリング聖
  • 若き日のガーリングはとてもハンサムでヒゲがなく半月形の髪型をしています
  • 多くの天竜人が彼にうっとりしている
  • 当時のサターン聖もゴッドバレーにおり、脱走した「バッカニア」の子ども奴隷捕まったという知らせを受ける

ワンピースネタバレ1095話⑤幼きくまの前に現れるイワンコフとジニー

  • くまが他の奴隷に引きずられて野原にいる
  • 奴隷は十人組で一人が逃げると、他の奴隷も連帯責任で殺されるからくまを連れ戻すしかない
  • くま達の頭上にある崖から、二人組が現れる
  • 二人組は若い頃のイワンコフジニーという肉を食べてる少女
  • くまがバッカニア族で巨人族の血を引いていると発言するイワンコフ
  • ”うちの兄貴もでけぇだろ?”というジニーに”顔だけはな!!”と肯定するイワンコフ
  • イワンコフは”ヴォレは生きるぜ!!お前らどうする!?”と問いかけるところで終了

ワンピース1095話の詳細を知りたい方は下記よりご覧ください。

ワンピースネタバレ1096話

ここからはワンピース1096話のネタバレをご紹介します。

※ネタバレが含まれておりますので、本誌派やアニメ派の方はご注意ください。

ワンピースネタバレ1096話①狂気の人間狩りが始まる

話の始まりは、人間狩りの開始合図が告げられたところからです。
始まったと同時に一斉に逃げる奴隷達やゴッドバレーの住人達。

人間狩りのルールにはSRラビット13名1万点、Rラビット150名、一発即死はエクセレントボーナスということです。

見ていろ、子供達”と自分の子供達に言い聞かせるガーリング聖。ガーリング聖の他にも、マンマイヤー家の天竜人が登場します。

人々は逃げていきますが、銃弾を避けられず撃たれてしまいました。人間に当たったことに喜ぶ天竜人達。
まさしく、ゴッドバレーは阿鼻叫喚の地獄です。

その頃、海軍本部に居るコング元帥は休暇中のガープに電話を掛けていました。

コング元帥は海賊から天竜人を助けてほしいとガープに電話を掛けたようですが、どうやら天竜人はハチノスにある宝を奪ったようです。

”ハチノスを舐め過ぎだ、天竜人の護衛は充分だろ?”と言うガープ。

しかし、ガープはコング元帥が”ロジャーも動いている”と聞くと、”先に言え!!行く!!”とゴッドバレーに向かいます。

ワンピースネタバレ1096話②奮い立つ奴隷達

場面が変わり、ハチノスにいる海賊団がロックス海賊団に先を超されたと言っています。

一方、ゴッドバレーでは人間狩りが続いていました。

イワンコフ達はなんとか生き延びています。
イワンコフは”ゴッドバレーの人間狩りは歴史から揉み消される”と言い、”三週間後にはこの島にいる約10万人のラビット達は一人残らず殺される”と言いました。

三週間生き延びれば自由の身になれるという人もいますが、イワンコフは”過去全ての人間狩り大会の生存者は0だ”というのです。

どうやら、天竜人はワザと奴隷達を逃がす事で希望を抱かせて殺し回っているようでした。

だからこそ、イワンコフは”このゲームで生き残るのではなく、このゲームから逃げるんだよ”と言います。

人間狩りで10万点を稼ぐガーリング聖

どうやら、高得点のラビットばかり狙っているようです。

そんな中、木の上から現場を盗撮している電伝虫の姿がありました。

若き日の革命軍のハックと思われる人物が、イワンコフの手錠を噛みちぎります。
そして、メガネを掛けたジニーが、電伝虫から人間狩り大会の賞品がウオウオの実モデル青龍ニキュニキュの実だと皆に告げました。

ジニーの話を聞いたイワンコフはその二つの悪魔の実を食って、数十人は逃げ出せそうだと言います。

しかし、二つの悪魔の実は島の真ん中にあるようです。

ジニーはゴッドバレーの情報を外に漏らしたので、外から誰かがくるかもしれないといいます。

とはいえ、囮という危険な役目にだれも手を挙げない中、くまが手を挙げました。

くまは自分なら身体がデカいから人より長く生きられるといいます。

くまが手をあげたことに驚くジニー。

イワンコフは”ヒーハー!!よく言ったぜくま!!”とくまを褒めます。

こうして、二つの悪魔の実を奪うべく立ち上がるくまとイワンコフでした。

おすすめの記事