メイドインアビス
出典:劇場版「メイドインアビス深き魂の黎明」公式サイト

ボンドルドは、くせ者ぞろいの白笛の中でも、紳士的な佇まいをしたキャラクターですが、穏やかな言動とは裏腹に、外道な本性を持っています。

今回は、ボンドルドの素顔と真実の姿を解説しましょう。

アニメ「メイドインアビス」の続きの漫画をお得に読む方法
メイドインアビス アニメ2期「烈日の黄金郷」の放送が2022年に決定しました。アニメ2期を楽しみにしている方も多いですよね。
題名収録巻
メイドインアビス アニメ1期漫画1巻〜4巻26話「新たなるスタート」まで収録
メイドインアビス 劇場版「深き魂の黎明」漫画4巻27話「禁断の花畑」〜5巻38話「挑む者たち」まで収録
メイドインアビス アニメ2期「烈日の黄金郷」漫画6巻39話「還らずの都」〜
表の通り、アニメ1期の続きは原作漫画4巻から、劇場版の続きは原作漫画6巻から読むことをオススメします!
アニメの続きを漫画で先読みしたい方は、下記2サイトをお得に利用しましょう!
ebookjapan
ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②新規登録で6回まで50%OFFセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③9000作品の漫画が無料読み放題!
U-NEXT
U-NEXTトップ画像
U-NEXTのおすすめポイント
①無料登録でアニメやドラマなど14万作品の動画が31日間無料で見放題!
②無料登録だけで漫画一冊購入できる600ポイントがもらえる!
③アニメや漫画やドラマなどオールジャンル楽しみたい人におすすめ!

「メイドインアビス」ボンドルドとは?

ボンドルドのプロフィール

誕生日:不明
出身地:不明
家族:プルシュカ(娘)
仲間:アンブレラハンズ
住居:イドフロント(前線基地)
仕事:第六層以下の上昇負荷に耐えるための実験
ボンドルドは優れた探窟家で、全身を黒いパワードスーツのようなものを身につけ、その上から黒いコートを身に纏い、フルフェイスのヘルメットを被った男です。

ボンドルドの声優

ボンドルドの声優を務めているのは、ベテラン声優の森川 智之(もりかわ としゆき)です。

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」で主人公たちの強敵・吉良吉影を演じ、アニメ以外でも、ジョニー・デップやトム・クルーズの吹き替えを担当しています。

白笛とは?

探窟家は、個人の力量や功績によって、与えられる称号があります。それは彼らの持つ笛の色で決められています。

  • 赤笛:見習い
  • 蒼笛:一人前
  • 月笛:紫色の笛でベテラン。赤笛達の教育係を務める
  • 黒笛:達人
  • 白笛:伝説級の人物
        ↑赤笛の見習い達
             ↑月笛のジルオ(左)、かなりのベテラン
      ↑オーゼンの計らいで蒼笛になったマルルク
      ↑黒笛のハボルグ
第五層まで行けれるのは、達人と言われている黒笛です。その達人以上の存在が白笛で、彼らはアビス全体を自由に行き来できるほどの実力を持ち、なおかつ国家事業レベルの偉業を成し遂げている人物でもあります。
その白笛の1人が、ボンドルドなのです。
彼らは、地上で幻灯機の芝居として語られるほど英雄視されていますが、その人間性はどれも癖の強いものばかりです。

黎明卿・新しきボンドルドの由来とは?

白笛は、偉業や人間性に合った異名がつけられていいます。リコの母であるライザは「殲滅卿」で、怪力を誇るオーゼンは「不動卿」と呼ばれています。
ボンドルドの異名は「黎明卿」で、「新しきボンドルド」と呼ばれています。それは、彼がアビスで行った研究と実験により、人類の発展とアビスの開拓に貢献したからです。
彼の偉業は「大規模な虫害の未然防止」「それまで不可侵だったルートの開拓」「アビス深層での活動拠点の確保(イドフロントのこと)」「新薬の開発」です。
現在、彼が拠点としている、第五層のイドフロントは、もともと白笛が第六層に行くための施設であったのですが、彼が黒笛を入れるように取り計らったのです。

「メイドインアビス」ボンドルドの秘密

ボンドルドの素顔はどうなっているのか?

ボンドルドは見ての通り、フルフェイスのヘルメットで覆われており、その表情はおろか、素顔も全くわかりません。

実は原作でも、最後まで素顔をさらすことはありませんでした。

 

同じ白笛のオーゼンが、長年アビスにいた反動で、頭皮がねじれていたり、変な髪形をしているので、ボンドルドもアビスに居続けていることで、異形の姿になっている可能性もあります。


イドフロントで何をしていたのか?

イドフロントは、もともと古代人の祭祀場であったらしく、広大な敷地面積を誇る施設であり、中央には第六層に行くための昇降機が設置されています。

元々アビスは古代文明に大きく関わったものであり、古代人にとってもアビスは特別な場所であったようです。

ボンドルドはこの祭祀場を改造して、実験場と第六層に行くための前線基地としています。そして現在、彼は上昇負荷に耐えるための研究を行っています。

イドフロントには、第六層に行くために黒笛達が停泊している他は、アンブレラハンズと呼ばれるボンドルドの助手を務めている者たちと、ボンドルドの娘であるプルシュカがいます。


おすすめの記事