妹の梅(鬼名・堕姫)

妓夫太郎は、つらい日々を懸命に生き延びていましたが、転機が訪れます。
それは、妹の梅(堕姫)が生まれたことです。

『梅』という名前は、死んだ母親の病名である『梅毒』からつけられたものです。

梅は、幼い頃から絶世の美貌を持っていたため、遊女として働き始めます。
妓夫太郎は、幼い頃から使用していた鎌を利用して、遊郭の取り立て人の仕事を始めます。

妓夫太郎にとって梅は救いで、人生に生きがいを感じることができるようになったのです。

しかし、妓夫太郎が13歳の時でした。
遊女の仕事をしていた梅が、妓夫太郎を侮辱した客の目を失明させてしまいました。

その報復として、梅は縛られたまま焼かれてしまうのです。

妓夫太郎が駆けつけた時、梅はかろうじて生きていたものの、全身が丸こげに。
妓夫太郎はその場にいた梅を焼いた客と協力者の女将を殺し、梅を抱えて逃亡します。

童磨によって鬼に

結局、妓夫太郎と梅を助けてくれる人はいませんでした。
ボロボロの妓夫太郎は力尽き、道端で倒れてしまいます。

そこに、当時の上弦の陸『童磨』が現れたのです。
その容姿は血だらけで、肩に女性の死体の足を、脇には生首を抱えていました。

そんな猟奇的な姿の童磨は、妓夫太郎にこう言ったのです。

童磨
「お前らは鬼となり俺のように十二鬼月 上弦に上がってこれるかな?」

妓夫太郎はこの勧誘を受けたのです。
そして、妹の梅とともに鬼になるのでした。

【鬼滅の刃】妓夫太郎(ぎゅうたろう)の最期

ここでは、上弦の陸として実力があった妓夫太郎がどのように倒されたのか、そして最期はどうなったのかについて解説します。

妓夫太郎の最期は、妹・堕姫との感動的なシーンなんです。

炭治郎・宇髄天元との戦闘

妓夫太郎は、遊郭にて宇髄天元炭治郎の2人と戦います。

妓夫太郎の強さは本物で、複数人で挑まないと太刀打ちできないほどの強さでした。

伊之助と善逸は手も足も出ず、伊之助は体を貫かれ重傷を追ってしまいます。
音柱である宇髄天元でさえ、左腕と左目を失うほどです。

しかし、宇髄天元に攻撃を防がれていた時に、炭治郎に頸を切られてしまいます。
また、妹の堕姫は善逸伊之助によって、頸を切られてしまいます。

これで、兄妹は負けてしまったのです。

妹・堕姫との喧嘩

頸だけになった妓夫太郎と堕姫は、口論になります。

堕姫
「アンタみたいな醜いヤツが兄妹なわけない」

妓夫太郎
「お前なんかいなけりゃ俺の人生はもっと違ってた
なんでお前の尻拭いしなきゃならねぇんだ
お前なんて生まれてこなけりゃ良かっ・・・」

ここで、炭治郎が止めに入ります。

炭治郎
「嘘だよ 本当はそんなこと思ってないよ 全部嘘だよ
仲良くしよう この世でたった二人の兄妹なんだから」

そして灰になった2人は、天国と地獄の狭間に場面が移り変わります。

妓夫太郎は、堕姫の人生を狂わせたことへの負い目を感じていたため、堕姫を突き放して一人地獄へ行こうとします。

しかし、離れたくない堕姫はこう言うのでした。

堕姫
「離れない!!絶対離れないから ずっと一緒にいるんだから!!
何回生まれ変わってもアタシはお兄ちゃんの妹になる絶対に!!」

そして妓夫太郎と堕姫は一緒に、地獄への道を歩むのでした。

【鬼滅の刃】妓夫太郎(ぎゅうたろう)の名言集

敵で性格も悪い妓夫太郎でしたが、深い名言がたくさんあるんです。
ここでは、その一部を紹介します。

名言①「兄貴だったら妹に守られるんじゃなくて守ってやれよなあこの手で」

炭治郎との戦闘シーン。

炭治郎を圧倒している時に、妓夫太郎が言った名言がこちらです。

妓夫太郎
「みっともねえなあお前全然妹守れてねえじゃねえか!!
兄貴だったら妹に守られるんじゃなく守ってやれよなあこの手で」

自分と同じく、妹のいる炭治郎への皮肉を言っています。
普段性格の悪い妓夫太郎ですが、このセリフは至極真っ当なことで、共感できる人も多いのではないでしょうか。

名言②「俺たち二人なら最強だ 寒いのも腹ペコなのも全然へっちゃら」

炭治郎に頸を切られた後の回想シーン。

妓夫太郎と離れたくない梅がこう言います。


「アタシを嫌わないで!!叱らないで!!一人にしないで!!
置いていったら許さないわよ ずっと一緒にいるんだもん
約束したの覚えてないの!?」

それを言われた妓夫太郎は、子供の梅と寒さを凌ぐために一緒にワラに包まっている時のことを思い出します。

その時の妓夫太郎が言っていた名言がこちらです。

妓夫太郎
「俺たちは二人なら最強だ
寒いのも腹ペコなのも全然へっちゃら
約束する ずっと一緒だ 絶対離れない
ほらもう何も怖くないだろ?」

このシーンは涙なしでは見れない感動的な場面です。
妓夫太郎の妹を大切に想う気持ちが溢れていますね。

名言③「元に戻せ俺の妹を!!でなけりゃ神も仏もみんな殺してやる」

こちらも、妓夫太郎が人間時代の過去の回想シーン。

人間時代の梅が生きたまま焼かれてしまったところに、妓夫太郎が駆けつけて叫んだ名言がこちらです。

妓夫太郎
「やめろやめろやめろ!!俺から取り立てるな
何も与えなかったくせに許さねえ!!許さねえ!!
元に戻せ俺の妹を!!でなけりゃ神も仏もみんな殺してやる」

このセリフから、妓夫太郎がどれほど妹を想っていたのかがわかりますね。
取り立て人をやっていた妓夫太郎だからこそ言えるセリフです。

おすすめの記事