【ワンピース】イム様の正体や目的を徹底考察!名前にもヒントが!?
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

「世界の王」などいないはずのワンピースの世界に、裏で君臨しているイム様。
1060話で島を消滅させ、1085話では怪物に変身するなど、只者ではない様子を見せています。

今回はそんな謎多き存在であるイム様について、徹底的に解説・考察していきます!

イム様とは

まずはイム様について基本的な情報をみていきましょう。

天竜人のトップである五老星よりも上の地位

五老星とイム様
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

イム様はこのワンピースの世界で、一番地位が高い存在だと思われます。

これまでワンピースでは、五老星がトップとして扱われてきました。

しかし、実はその裏で、世間には公表されていない一番上の存在がいたのです。

天竜人とは

天竜人とは、ワンピース世界の中の”世界貴族”のことです。

天竜人はごく一部の人を除き、基本的には同じ天竜人以外のことを下々民と呼び、奴隷を有し、少しでも自分にとって不快なことがあれば容赦なく殺してしまうような外道として描かれることが多いです。

その理由は、天竜人が800年も前に世界政府を作り上げた20の国の20人の王の末裔だからです。

ワンピースの世界では、天竜人は「創造主の末裔」として扱われています。

天竜人については、こちらの記事で解説・考察していますので、ぜひチェックしてみてください!

五老星とは

五老星とは、天竜人の最高位と呼ばれる5人のことです。

この5人も天竜人ですが、前述のような外道としては描かれておらず、本当に同じ天竜人かと疑ってしまうほど雰囲気が違います。

五老星は世界政府の最高権力者でもあるため、常に世界の動向をチェックして5人で対策を話し合い、海軍たちに指示をだして世界をけん引している存在です。

しかし、自分たちに不都合な存在だと判断すれば島を丸ごと滅ぼしてしまう異常な思考も持っています。

そんな五老星についてはこちらの記事で詳しく解説・考察していますので、こちらもぜひチェックしてみてください!

イム様はワンピース世界の王?

虚の玉座
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

前述のように、イム様は天竜人の最高位である五老星よりも地位が高い存在で、実質的なワンピース世界の王だと考えられています。

イム様は虚の玉座に座ることができる存在

イム様がワンピース世界の王であることがわかるシーンは、908話に描かれています。

天竜人が住むマリージョアには、パンゲア城という城があり、五老星たちはその中の権力の間で会議をしています。

パンゲア城には他にも虚の玉座と呼ばれる椅子があるのですが、この椅子は誰も座らないことでたった一人の王など存在していないことを表す平和の象徴です。

4年に一度開催されるレヴェリーという世界の王が集まる会議の際も、王たちは必ず虚の玉座の前で独裁という欲を持たないことを誓うことになっています。

しかし、908話ではそんな虚の玉座に、イム様が座るシーンが描かれたのです。

誓いの剣の本数

イム様が虚の玉座に座ったことのほかに、イム様が高い地位にいると考察される理由がもう一つあります。

それが、虚の玉座の周りに突き立てられた剣の本数です。

レヴェリー編の説明では、虚の玉座の周りに突き立てられた剣はこの世界を創設した20人の王が誓いのために突き立てたものだと語られていました。

しかし、虚の玉座のシーンを見る限り、玉座の周りに剣は19本しかないように見えるのです。

そしてイム様が登場した広い庭のようなところでは、1本の剣が地面に突き立てられていたため、これが最後の1本ではないかと言われています。

もしこれが20本のうちの1本だとしたら、イム様の天竜人であり、なおかつイム様が剣を所持していたことから、末裔などではなくイム様本人が20人の王のうちの一人である可能性があります。

現在の天竜人は末裔ですから、もしイム様が創造主のうちの一人なのであれば、ワンピースの世界で一番地位が高いのも納得です。

しかしその場合イム様が不老であることが絶対条件になるので、この点は本記事で再度詳しく考察します。

イム様の登場シーン

次はイム様の登場シーンをみていきましょう。

90巻 906話 “聖地マリージョア”

イム様が一番最初に登場したのは90巻 906話 “聖地マリージョア”です。

ただ、登場といっても描かれたのはシルエットのみで、身長、性別も含めて確かな情報は明かされていません。

イム様のシルエットと巨大な麦わら帽子

これまでの登場で、イム様は全てシルエットのみで描かれています。

906話で登場した時もシルエットしか描かれませんでしたが、イム様のほかに巨大な麦わら帽子が冷凍保存されている様子も描かれ話題になりました。

またイム様のシルエットですが、イム様が住むパンゲア城のサイズ感が大きいからかシルエットだけではどうにもイム様のサイズ感がわかりづらく、子ども説なども浮上しています。

イム様はパンゲア場内の花の部屋と呼ばれる場所で、過ごしていることが多く蝶と戯れる様子も描かれています。

ルフィの手配書

906話の登場シーンでは、何故かイム様がルフィの手配書を手にしていました。

そして前述の冷凍保存された巨大な麦わら帽子の前で、ルフィの手配書をみていたようです。

また、この時イム様はルフィの手配書の他にも数枚の紙を手にしており、おそらくこの時手にしていたであろう紙が後の908話で描かれました。

90巻 908話 “世界会議開幕”

次にイム様が登場したのは、90巻 908話 “世界会議開幕”です。

ルフィ・黒ひげの手配書としらほし・ビビの写真

906話でイム様が手にしていたであろう数枚の紙は、ルフィの手配書、黒ひげの手配書、しらほしの写真、ビビの写真の4枚です。

何故かルフィ、黒ひげ、しらほしが写っている紙はバラバラに切られた状態で地面に放置されており、しらほしの写真に至っては剣が1本突き刺さっていました。

この突き刺さっていた剣というのが、前述した20本の内の1本と考察されているものです。

また、ビビの写真は無傷で、イム様がビビの写真を見つめて「………」と何かを考え込んでいる様子も描かれました。

五老星がイム様に跪く

手配書や写真のシーンの後、イム様は虚の玉座へと向かいます。

虚の玉座がある広間にはすでに五老星たちが集まっており、イム様の姿をとらえると全員跪きました。

そして「”五老星”ここに!!!」と五老星が挨拶するのと同時に、イム様は虚の玉座にどさっと座ります。

このシーンによって天竜人の最高位(表向きのトップ)が跪く相手であるイム様が、ワンピース世界に裏で君臨している存在だと判明しました。

おすすめの記事