【ワンピース】マーシャル・D・ティーチとは?目的や能力、正体まで徹底考察!
出典:pixiv@瞬く

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

ワンピース最終章でルフィとの対決が描かれるのではないかと言われている“黒ひげ”マーシャル・D・ティーチとは、一体どんな人物なのでしょうか。

二つの悪魔の実の能力を手にしていることや目的など、まだまだ謎がいっぱいです。

今回はそんなマーシャル・D・ティーチについて、徹底的に解説・考察していきます!

“黒ひげ”マーシャル・D・ティーチとは

まずはティーチについて、基本的な情報からみていきましょう。

マーシャル・D・ティーチのプロフィール

黒ひげ
出典:pixiv@かたてわざ

 

名前マーシャル・D・ティーチ
誕生日8月3日
年齢2年前:38歳
2年後:40歳
身長344cm
血液型F型
星座しし座
出身地偉大なる航路
好物チェリーパイ、ケバブ
悪魔の実ヤミヤミの実
グラグラの実
通り名黒ひげ
役職元:白ひげ海賊団2番隊隊員、王下七武海
現:黒ひげ海賊団船長(提督)、四皇
懸賞金39億9600万ベリー
懸賞金ランキング6位
初登場25巻 第234話 “ご記憶下さいます様に”

体質や能力に謎が多い凶悪な海賊船長

ティーチは白ひげ海賊団の船員でしたが、自分が欲していたヤミヤミの実を仲間が手に入れたため、その仲間を殺してヤミヤミの実を手に入れて脱走し、その後四皇にまで上り詰めた凶悪な海賊です。

また、体の構造が“異形”ならしく、その特性によって現在ヤミヤミの実の能力と、白ひげから奪ったグラグラの実の能力の2つを有しています

加えて生まれてから一度も寝たことがないため、通常の人の2倍の人生を歩んでいるとも言われています。

現在はインペルダウンに収容されていた極悪海賊を仲間にしており、能力者狩りもしているなど、勢力を拡大していっているようです。

黒ひげ海賊団の船長

黒ひげ海賊団
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

ティーチは自身の海賊団“黒ひげ海賊団”を率いる船長です。

黒ひげ海賊団は元々、船長のティーチを含むたった5人の少数海賊団でした。

しかし、インペルダウンの大脱獄事件のタイミングでインペルダウンを襲撃し、看守長だったシリュウと囚人4人を引き入れたことで一気に勢力を拡大しました。

現在は初期メンバーの4人とインペルダウンで引き入れた5人、詳細不明の1人が幹部としてそれぞれの隊を率いる大規模な海賊団になっています。

そんな勢力拡大に伴って、ティーチの肩書きも船長から提督に変わったようです。

黒ひげ海賊団は現在「能力者狩り」をすることで戦力強化を図っているようで、初期メンバーのうち3名が新たに悪魔の実の能力を手に入れています。

ただ、どのような手段で能力者から悪魔の実の能力を奪い取り手に入れているのかは明かされていません。

ちなみに、黒ひげ海賊団についてはこちらの記事で詳しく解説・考察していますので、ぜひチェックしてみてください!

マーシャル・D・ティーチの悪魔の実と能力

次はティーチの悪魔の実の能力についてみていきましょう。

初めに食べた悪魔の実は「ヤミヤミの実」

ヤミヤミの実
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

ティーチが食べた悪魔の実はヤミヤミの実です。

前述のように、ヤミヤミの実は白ひげ海賊団に所属していた時に親友のサッチが手に入れたものでしたが、親友を殺してその実を奪い取り、能力を手に入れました。

そもそも、ティーチが白ひげ海賊団に加入したのも、このヤミヤミの実が手に入る確率が高そうだからという理由でした。

この能力が手に入らなければ一生日陰者として生きるつもりだったと語るほど、ヤミヤミの実の力に執着していたようです。

また、ヤミヤミの実は「悪魔の実史上最も凶悪」と言われているらしく、このことから前任者も有名な人物である可能性が高いのではないかと考察されています。br>

おすすめの記事