【ワンピース】ゴッドバレー事件とは?ロックスとシャンクスに関係が?
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

未だ多くの謎に包まれている「ゴッドバレー事件」。
『ONE PIECE FILM RED』にて新事実が発覚し、ゴッドバレー事件の回想も原作で描かれました。

本記事ではそんなゴッドバレー事件について、概要や真相を徹底解説・考察していきます!

ゴッドバレー事件とは?

事件発生はいつ?何年前?

ロックス海賊団
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

ゴッドバレー事件は当時"世界最強"の海賊団と呼ばれたロックス海賊団が、ゴッドバレー島にて壊滅した事件です。
発生は本編から38年前となります。

また後に海賊王となるゴール・D・ロジャーと、海軍の"英雄"ガープが共に戦った事件でもありました。現在、この事件に関する情報は全て隠匿され残っていません。

舞台となったゴッドバレー島そのものも、現在は跡形もなく消えています。
そのため事件についての詳細を知るのは、事件に関わったガープやセンゴクのような老兵のみです。

そもそも記録すら残っていないため、ロックス海賊団の名前すら知らない世代も多くなっています。

ロックス海賊団については下記の記事で解説していますので、気になる方はチェックしてみてください!

天竜人がハチノスの宝を奪ったことがきっかけで起きた事件

笑いながらコングの話を聞くガープ
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

天竜人がロックス海賊団に襲われた事件と思われたゴッドバレー事件ですが、実際は天竜人が海賊島ハチノスから宝を奪ったことがきっかけで起きました。

ゴッドバレー事件は、天竜人と奴隷を守るためにガープとロジャーが手を組んだとされています。
このことから、ロックス海賊団が天竜人を襲った事件と思われていました

しかし、ワンピース1096話の回想で天竜人がハチノスの宝を奪ったことで、取り返そうとしたロックス海賊団がやって来たことが発覚。

ロジャー海賊団も、ハチノスの宝を狙ってゴッドバレーに来ていたようです。
天竜人がハチノスの宝を奪った正確な理由は不明ですが、先住民一掃大会の賞品にされていた可能性が高いです。

白ひげ・ビックマム・カイドウも関与

ロックス海賊団のメンバー
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

「世界最強」と言われただけあって、ロックス海賊団には後に四皇と呼ばれる海賊が、複数人所属していました。
それが若かりし頃の白ひげ、カイドウ、ビッグ・マムです。他にも金獅子や、キャプテン・ジョンなど、伝説となった海賊ばかり所属していました。

勿論彼らもロジャーとガープの敵として、ゴッドバレー事件に関与しています。

白ひげの立ち回りは語られていませんが、カイドウはこの戦いの中で、ビッグ・マムから「ウオウオの実」を受け取りました。
当時15歳だったカイドウを、ビッグ・マムは弟のように可愛がっていたとのことです。

しかしこの事件の後、カイドウはビッグ・マムの元を離れ「百獣海賊団」を結成。
他のメンバーもそれぞれの海賊団を作り、事件から5年後にはその名を世界に轟かせることになります。

四皇については下記の記事で解説していますので、気になる方はチェックしてみてください!

くまやイワンコフも関わっていた

ゴッドバレーから逃げ出す計画を立てる奴隷たち
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

ゴッドバレー事件には、バーソロミュー・くまやエンポリオ・イワンコフも関わっていたことが判明しました。
当時のゴッドバレーには人間狩りの獲物として、多数の奴隷が連れ込まれていました。

奴隷だった頃のくまやイワンコフ、ジュエリーボニーの母親のジニーも、ゴッドバレーにいたのです。
くまとイワンコフはゴッドバレー事件で知り合い、逃げることに成功しています。

ジニーは脱出する隙を作るために、島の外にゴッドバレーの情報を通信で流していました。
ジニーが流した通信で、ハチノスの宝があることを知ったロックス海賊団がゴッドバレーにやって来たようです。

ガープが「英雄」と呼ばれるようになったきっかけ

ガープとゴッドバレー事件
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

ガープが英雄と呼ばれるようになったのは、ゴッドバレー事件でロックス海賊団を壊滅させたからとされています。

後の四皇や伝説の海賊、そして彼らのリーダーだったロックスのいる海賊団を壊滅させたなら、英雄視されるのは当然でしょう。

ロジャーと協力してロックス海賊団を倒したとされていますが、ロジャーの名前は出せないため、ガープ1人の手柄になったようです。

ガープが自由に行動できるのは、ゴッドバレー事件の功績が大きいのでしょう。
しかし、実際は天竜人を助けるためにロックス海賊団と戦うのを嫌がっており、ロジャーを捕まえに来ただけだった事が判明。

また、当時のゴッドバレーにはガープが十分と呼ぶほどの護衛が付いており、神の騎士団もいたことが分かっています。

他にも世界政府にとって不都合な事実や謎が多いため、ガープが英雄になったことにも裏があるかもしれません。

ゴッドバレー島はなぜ消滅した?

世界政府が隠したがった島

ロックス海賊団
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

もはや伝説と呼ぶしかないゴッドバレー事件ですが、前述の通り作中ではあらゆる情報が秘匿されてきました。
しかもゴッドバレー島そのものが、既に跡形もなく消滅しています。

それについてセンゴクは、「世界政府が隠したがった島」と語っていました。そこからゴッドバレー島は、海賊同士の戦いではなく、世界政府によって消滅させられたと分かります。

ではなぜ世界政府は、島を消滅させてまで事件の真相を隠したがったのか?
それは、「空白の100年」に関わる情報が残されていたからではないでしょうか。

未だ真相は明かされていませんが、世界政府が躍起になって消したがる情報があったことは間違いありません。

おすすめの記事