【ワンピースネタバレ考察】ロジャーはDの一族がラフテルに到達することを願っていた?
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

第1082話にて、バギーは海賊王を目指すと宣言しました。これで、現四皇全員がひとつなぎの大秘宝、つまりラフテルを目指すことになります。

そこで今回は、第1082話の動向からひとつなぎの大秘宝やラフテルについて考察していきます。

バギーは海賊王を目指す?

バギー
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

まずは、第1082話で明らかになったバギーの今後の見通しについて解説していきます。

クロコダイルやミホークに止められながら口上を始める

第1082話では、クロスギルドの本拠地であるカライ・バリ島での様子が描かれました。
現在もなお、クロコダイルとミホークに良いように使われているバギーですが、バギーは2人を抑えて次のような口上を始めます。

「なァお前ら!!!お前らよォ!!!何を夢見て海へ出た!?次の瞬間死ぬかもしれねェお前らの命は叫んじゃいねェか!?現実に甘えた腰抜け共よ
”一番欲しい物”に手を伸ばせ!!!お前らにはおれがついてる!!!取りにいくぞォ!!!”ひとつなぎの大秘宝!!!」

この発言は、あくまで軍事国家の設立という目的を持っていたクロスギルドも、海賊王の争奪戦に名乗りを上げたということになります。

今回のバギーは覚悟を持っている

ただ、これまでもバギーは海賊王というキーワードを口にしていました。
そのため、今回もまた周りに乗せられて出たハッタリなのではないか、という反例が出されるでしょう。

しかし、今回のバギーは覚悟を持って上記の口上を行っています。
それが分かるように、命をかけてもいいという覚悟を示していますよね。

目の前に天敵であるクロコダイルやミホークがいる仲、堂々と宣言したバギーは本格的に海賊王を目指し始めるのでしょう。

バギーが海賊王を目指すと発言した背景

このようにバギーが本格的に海賊王を目指すと発言した背景に、シャンクスの存在がありました。

バギーとシャンクスは同じロジャー海賊団で冒険を共にした旧知の仲です。
しかし、両者は対立した様子が本編では描かれていました。

そんなシャンクスがラフテルを目指し動き始めたという情報をバギーは手に入れたようです。
これはおそらくシャンクスがキッド海賊団を壊滅させ、ロードポーネグリフの写しを奪ったという事件のことでしょう。

この情報を知って、バギーもまた海賊王争いに参加することを意識し始めたと考えられます。

バギーとシャンクスの過去回想

シャンクスとバギー
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

次に、第1082話で描かれたバギーとシャンクスの過去回想について触れていきます。

バギーはシャンクスを羨んでいた

先述したように、バギーとシャンクスは対立しています。
しかし、バギーはただシャンクスのことを羨んでいただけのようです。

シャンクスは幼少期から有望で、ロジャーたちにも気に入られていました。
それに気づいていたバギーはロジャーの次の世代の王はシャンクスだと考えていたようです。

そのため、バギーはシャンクスの船に乗り込むつもりでした。

おすすめの記事