【ワンピースネタバレ考察】黄猿は「ニカ」を求めていた!?黄猿の思想について考察
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

「どっちつかずの正義」を掲げ、淡々と任務をこなすイメージがある黄猿。
しかし、その裏には「解放」を望む心があることも、徐々に分かってきました。

今回は黄猿の思想と、黄猿の「正義」について考察していきます。

黄猿は「ニカ」を求めている?

「ニカ」の存在を知っていた

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

黄猿は海軍大将でありながら、ゴムゴムの実の正体である「ニカ」の存在を知っていました。

しかし、ニカの名前は五老星がもみ消したので、海軍所属の人間が知っているのは不自然です。
元CP9だったフーズ・フーすら知りませんでした。

そもそも、海軍の最高戦力が世界政府が揉み消したことを知っているのはご法度でしょう。

では、なぜ黄猿が知っていたのか?

考えられる理由はただ一つ、ベガパンクやくまからその存在と、思想を教えられたからです。

くま達と「解放のドラム」を踊っていた

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

黄猿は「ニカ」を知っているだけでなく、くま達と「解放のドラム」のリズムに合わせて踊っています。

ニカが現れた時特有のリズムは、くまの家系に「バッカニア族を解放してくれる戦士」の伝説と共に受け継がれてきました。

つまり、奴隷として虐げられる種族にとって、希望となる思想なのです。

そんな「奴隷の解放」を象徴するニカの存在は、奴隷を容認する世界政府としてはあってはならない思想です。

しかし黄猿はニカの思想を受け入れている点からも、黄猿は世界政府とは違う正義を持っていることが分かります。

黄猿の技名は太陽神に乗っ取ったもの

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

実は黄猿の使う「ピカピカの実」の技は、太陽神に関係した名前を冠しています。

黄猿が使う八咫鏡、八尺瓊曲玉、天叢雲剣は日本では「三種の神器」として有名です。

そして三種の神器は日本神話に登場する太陽の神、天照大神を呼び戻すために作られました。

「ワンピース」の世界では太陽の神=ニカですが、ニカについて多少知見がある黄猿と、技名が無関係とは思えません。

太陽神のための神器を、技名として利用していることからも、黄猿と太陽神は深い関係にあると断言できます。

黄猿の正義は「どっちつかずの正義」

黄猿は思想に偏りがない

なぜ黄猿はニカの思想について抵抗がないのか?

それは黄猿の「正義」が世界政府とは同じではないから。
そして黄猿はそもそも、特有の思想や信仰心を持ち合わせていないからです。

黄猿は自身の信念として「どっちつかずの正義」を掲げています。

赤犬のように徹底した正義でもなく、青きじのように奔放な正義ともまた違った信念です。

一見思想に囚われない自由な発想にも見えますが、状況に流されるだけの正義とも言えます。

この正義が、後々黄猿を苦しめる要素になったと、私は考えました。

おすすめの記事