【ワンピースネタバレ考察】ゾオン系能力者の羽衣は「神」の証!?羽衣の正体について考察

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

ルフィを始め動物系悪魔の実の能力者には、覚醒後羽衣を纏う存在がいることが確認されています。
ただ全てのゾオン系に発現するわけではなく、能力者ごとに羽衣の色が違ったりと、謎の多い描写です。

今回はそんな羽衣を纏う条件など徹底考察していきます。

羽衣を背負えるのは神に関係する能力者!?

羽衣を纏った能力者一覧

ルフィ「ギア5」
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

現在羽衣を纏っている能力者は5人。
所持している悪魔の実の能力と共に一覧化しました。

モンキー・D・ルフィヒトヒトの実 モデルニカ
ヤマトイヌイヌの実 モデル大口真神
ロブ・ルッチネコネコの実 モデルレオパルド
ジェイガルシア・サターン聖不明
エネルゴロゴロの実

どうでしょう?並べてみると羽衣を纏う能力の共通点が見えてきませんか?

結論から言うと筆者は「神」に関連性がある能力者が、羽衣を纏うと考えています。
ここからはその理由について、具体例を挙げながら解説していきましょう。

羽衣を纏えるのは幻獣種とは限らない?

マルコ鶴爪(オングル)
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

よく羽衣を纏う能力者は「幻獣種の覚醒者」と語られますが、筆者はこれだけでは言葉足らずだと考えています。

というのも、幻獣種であるにも関わらず、マルコやカイドウなど羽衣を纏っていない者も多くいるため、幻獣種共通の特徴とは考え難いです。

またルッチの能力は通常のゾオン系でありながら覚醒後は羽衣を纏っているため、幻獣種だけに見られる特徴ではない可能性もあります。

しかし、ルッチの実がルフィのゴムゴムのように、真の名前を隠しているという線も十分考えられますね。

センゴクは羽衣を纏っていない

モデル大仏のセンゴク
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

またルフィのように「神」と関係のある者が必ず纏うと断定するにも、些か疑問が残ります。

というのも、神と関連性がありながら、羽衣を纏っていない能力者がいるからです。

例えばセンゴクの能力である「ヒトヒトの実 モデル大仏」も、神仏をモチーフにしているにも関わらず、羽衣を纏っていません。

能力の覚醒も羽衣を纏う条件のひとつとも考えられますが、海軍元帥を務めたセンゴクが能力を覚醒させていないとは考え難いです。

そのため、神に関連する能力者の中でも、更に羽衣を纏うための条件が存在していると考えられます。

能力者ごとに神との関係性について考察

エネルの「ゴロゴロの実」は雷神がモチーフ?

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

ここからはルフィとヤマト以外の羽衣を纏っている能力者と、神との関連性について考察していきます。

まずエネルです。
エネルは現在羽衣を纏っている能力者の中では、最も異質な存在となっています。

なぜなら、エネルの「ゴロゴロの実」は、羽衣を纏う能力の中では唯一超人系パラミシアの能力に分類されているからです。

そのため、羽衣を纏うには、必ずしも神に関する能力である必要はないとも考えられます。

ただ、エネルの能力がゴムゴムのように真の名前を隠している可能性も捨てきれません。

例えば「ヒトヒトの実 モデル雷神」などであれば、「羽衣は神に関係がある能力者が纏う」という仮説にも当てはまります。

おすすめの記事