目次

蛇の悪魔

 

複数の人間の腕を組み合わせたような口に、蛇のような胴体を持った悪魔です。
相手を丸呑みにする攻撃と巨大な尻尾による攻撃を行います。

丸呑みした悪魔を使役し、意のままに操ることも可能です。

未来の悪魔

 

植物が人型になったような悪魔で、腹部に巨大な目を持っています
態度はかなり陽気ですが、人間が苦しむのを見るが大好きな悪魔らしい性格です。

契約者は数秒先の未来を見られるようになりますが、契約者が苦しむような未来を勝手に見せることも
寿命の半分を求めるなど、契約の代償がかなり重いです。

近い将来最悪の死に方をするアキに対して、近くで死ぬところを見るために目の中に住むという条件で契約しました。

蜘蛛の悪魔(プリンシ)

 

上半身は人間の女性に見えますが、下半身は無数の足を持つ悪魔です。
また、顔の中央にジッパーが付いています。

比較的人間に友好的ですが、癇癪で人間を殺すとされています。
顔のジッパーを開くことで、遠く離れた場所と蜘蛛の悪魔がいる場所を連結させることが可能です。

天使の悪魔(エンジェル)

 

頭の上に輪があり、背中に羽の生えた天使そのものの姿の悪魔です。
男性ですが、中世的で女性とよく間違えられます。

体に触れた人間の寿命を吸い取る能力があり、寿命を使って武器を作成できます、
天使の悪魔が作り出す武器は、使用する寿命が長いほど強力です。

天使の悪魔については以下の記事で詳しく解説しています。
興味のある方は是非チェックしてみてください。

【チェンソーマン】第1部5巻~6巻の悪魔一覧

豚の悪魔

 

豚に近い姿ですが、4つの目を持つ悪魔です。
登場した時点でアキと天使の悪魔に駆除されていました。

台風の悪魔

 

脳が剥き出しなった頭部に、腸が渦を巻いたような体を持つ悪魔です。
嵐を起こす能力を持ち、巨体を活かした体当たりはビルを破壊するほどの威力があります。

強力な悪魔ですが、レゼのことを様付けで呼び、頭が上がらない様子を見せていました。
第2部では転生した台風の悪魔も登場しています。

カビの悪魔

 

対魔2課所属の加藤と田辺が契約している悪魔です。
本体は登場していないため、どんな外見の悪魔なのはわかりません。

対象の体内にカビを生やす攻撃が得意で、生えたカビは悪魔が血を飲んでも消すことは不可能です。
能力を使った際に加藤と田辺が出血しており、契約の対価かもしれません。

【チェンソーマン】第1部7巻の悪魔一覧

皮の悪魔

 

アメリカの刺客3兄弟と契約した悪魔です。
契約者に、死体の外見を奪う能力を与えます。

契約者は死体に触れてから自分の体を触ることで、死体にそっくりの外見になることが可能です。

ブドウのような悪魔

 

大量の目玉が集まった悪魔で、ブドウに近い形からブドウの悪魔と呼ばれています
コベニと暴力の魔人に倒されていましたが、何の悪魔かは不明です。

人形の悪魔

 

ドイツのデビルハンターサンタクロースが契約した悪魔です。
触れた相手を人間を生きたまま人形化し、人形が触れた相手も人形にする能力を持ちます。

人形を無尽蔵に増やすことができ、人形の命を代償にしてほかの契約悪魔の力を使うことも可能です。

石の悪魔

 

公安のデビルハンター日下部の契約悪魔です。
ガーゴイルそっくりの姿で、契約者に対象を石化する能力を与えます

近づくと石にされることもある危険な悪魔ですが、契約者に呼び出されて敵と戦うこともありました。

爪の悪魔・ナイフの悪魔・針の悪魔

 

公安のデビルハンター岸部が契約している悪魔です。
岸部が能力を使用していないため、どんな能力があるのか判明していません、

本体も登場していないため、どんな外見をしているのかも不明です。

蛸の悪魔

 

吉田ヒロフミが契約している悪魔です。
蛸足を呼び出して、攻撃や防御を行なっています。

また、蛸墨を吐き出して、滴を撹乱することも可能です。
登場するのは蛸足のみで、全身は描かれていません。

【チェンソーマン】第1部8巻~9巻の悪魔一覧

地獄の悪魔

 

相手を地獄に落とす能力を持つ悪魔です。
地獄の悪魔の能力で地獄に落ちた相手は死亡してないため、生きたまま現世に戻ることも可能です。

83話で上半身は人間に近く、下半身は馬のような外見ををしていることが判明しました。

闇の悪魔

 

一度も死を経験していない根源的恐怖の名を持つ悪魔として最初に登場した存在です。
超越者とも呼ばれており、他の悪魔とは比べ物にならない圧倒的な強さを持ちます。

体は人体を組み立てたような構造で、頭部は山羊の頭蓋骨に近いです。
地獄に落とされたデンジたち、クァンシの一味の腕を一瞬で切断したシーンは衝撃的でした。

非常に強力な攻撃を行い闇の中では圧倒的な再生能力を持ちますが、攻撃手段に関しては謎が多いです。

支配の悪魔

 

特異4課のリーダーマキマの正体で、人間そっくりの外見をした悪魔です。
自分により程度の低い存在を支配でき、意のままに操る能力を持ちます。

自分が支配した悪魔や支配した相手の契約悪魔の能力も使用できるため、事実上あらゆる悪魔の能力を使うことが可能です。

本来の耐久力が人間並みという弱点があります。
しかし、作中では自分への攻撃を適当な日本国民に肩代わりさせる契約を結んでおり、不死身に近い耐久力を持っていました。

第1部最終回で、ナユタに生まれ変わっています。

マキマに関しては下記の記事で詳しく解説しています。
興味のある方は是非チェックしてみてください。

罰の悪魔

 

天童ミチコと黒瀬ユウタロウが契約した悪魔で、外見や能力は分かっていません。
マキマは、銃の悪魔と戦った際に罰の悪魔の能力を使用したと思われます。

ただし、複数の能力を同時に使用して銃の悪魔を攻撃したため、罰の悪魔単体の能力や姿は不明です。

【チェンソーマン】第1部10巻~11巻の悪魔一覧

おすすめの記事