【ワンピースネタバレ考察】グロリオーサの想い人が判明!?アマゾンリリーの恋煩いについて考察
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

九蛇海賊団のご意見番であり、アマゾン・リリー先々々代皇帝のグロリオーサ。
かつて恋煩いを発症し島を出たとされていましたが、意中の相手は長らく伏せられてきました。

今回はグロリオーサが恋した相手と、アマゾン・リリーの恋について考察していきます。

グロリオーサ(ニョン婆)の想い人はロックス!?

グロリオーサは恋煩いで島を出た

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

アマゾン・リリーの先々々代皇帝だったグロリオーサですが、1度は皇帝の座を捨て海へ飛び出しています
その理由が恋煩い。

恋に落ちた苦しみで命を落としかけたため、意中の人を追いかけ海へ出たと語られています。
その後、15年前まではシャボンディ諸島でレイリーやシャッキーと過ごしていたようですが、そこに至った動向は明かされてきませんでした。

しかし、1096話の過去回想で、なんとロックス海賊団の一員として活動する姿が描かれたのです。

九蛇海賊団を抜けてロックス海賊団へ

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

グロリオーサは38年前のゴッド・バレーに、ロックス海賊団として訪れていました。

このことから皇帝の座を捨ててまで海へ飛び出したのは、ロックス海賊団に参加するのが目的だったのでしょう。
なぜなら、意中の相手がロックス海賊団に参加していたから

そして、その相手こそロックスだったのではないか?と私は考えています。

白ひげやカイドウなど、多数の強者を従え、世界の王を目指した最凶の海賊。
アマゾン・リリーの皇帝が惚れるのに、相応しい相手だと思いませんか?

ロックスについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

ロックスが女ヶ島を訪れた?

なぜグロリオーサとロックスの接点が生まれたのか?については、まだ明かされていません。

海賊同士の出会いなら、海上の戦闘で出会って惚れて、そのまま駆け落ちと考えるのが普通でしょう。

しかし、グロリオーサは「島を捨てて」と語っているので、島から彼女が出ていく過程があったはず。
それに残虐の限りを尽くした海賊団と海で敵として出会って、まともに生き残れるはずがありません。

そのため、何らかの形でロックスが女ヶ島を訪れ、それにグロリオーサがついて行ったと考えるのが自然です。

シャッキーとロックスの関係性について考察

40巻SBSで2人の関係性は示唆された

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

実はアマゾン・リリーにはもう1人、ロックス海賊団との関係性が示唆されている人物がいます。
それがグロリオーサの次のアマゾン・リリー皇帝で、レイリーのパートナーであるシャッキーです。

作中では未だロックスとシャッキーを結びつけるものはありませんが、原作40巻のSBSにてロックスとの関連性が匂わされていました。

そしてシャッキーがアマゾン・リリーの皇帝から離れたのも、恋煩いが原因と語られています。

そのため、シャッキーが島を離れた原因は、ロックス海賊団に惚れた相手がいたからでは?と考えられてきました。

おすすめの記事