【ワンピースネタバレ考察】サンジの「愛の力」とは何か?強さの秘密について考察
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

「ワンピース」1107話にて、サンジが黄猿のレーザーを足で跳ね返し話題になりました。
サンジは「愛」で跳ね返したと語っていますが、「愛」とは一体なんなのでしょう?

本記事ではサンジの「愛の力」の正体について解説していきます。

サンジが黄猿のレーザーを跳ね返せた理由は?

ベガパンクの科学力

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

サンジは黄猿のレーザーを跳ね返せた理由を「愛」と語りましたが、それ以外にも考えられる要因があります。

それがベガパンクの科学力です。
ベガパンクの開発したエッグヘッド島には、ホログラムで再現された住人がいます。

彼らに普段は触れられませんが、光圧グローブを利用することで物体として触れることが可能です。

エッグヘッドでは光は触れられる物体となっています。

つまりサンジが履いているDOMシューズが、光圧グローブと同じ機能を持っているなら、黄猿のレーザーにも触れることが可能ということです。

ジェルマの科学力

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

2つ目に考えられる理由が、ジェルマの科学力です。

ご存知の方も多いように、サンジはジェルマ66の兄妹同様に、外骨格という強力な肉体を有しています。

その強度は例えサーベルで切り付けられても切り傷もつかず、「いて」だけで済むほどです。

それほどの強度を持った肉体なら、黄猿のレーザーを受けても跳ね返せるのも納得できます。

サンジの語る「愛の力」

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

3つ目にサンジが語った、「愛」というのが本当に存在する可能性が考えられます。

科学力に比べると、根拠が薄いように感じるかもしれません。

しかし思い出してみてください。
自我を失ったくまがエッグヘッドまでやってきたのも、ベガパンクは「科学的にあり得ない」と語ったはずです。

そして、くまの科学を超えた行動に、「愛ゆえ」と付け加えていました。

そのため「愛の力」というのは確かに存在していて、サンジがそれを扱えるという可能性も捨てきれません。

「愛の力」の正体はサンジの外骨格?

おすすめの記事