再会したヴェルドラをボコボコにする

ヴェルザードとヴェルドラとラミリス
出典:『転生したらスライムだった件』(Ⅽ)伏瀬/講談社

 

ヴェルザードはテンペストに訪れた際にヴェルドラと再会、手合わせしてボコボコにしています。
ギィと一緒にテンペストにやって来たヴェルザードは、リムルと出会います。

リムルと話して弟に恐れられていると知ったヴェルザードは、会って話をすることに
自分が愛情でお仕置きしたと話したヴェルザードは、ヴェルドラの成長を確かめようとします

地下迷宮で戦うことなった2人ですが、結局ヴェルザードの圧勝でした。
再び痛めつけられたことで、ヴェルドラのトラウマは強くなったかもしれません。

とはいえ、ヴェルザードは弟がかなり強くなったことを実感します。

ギィを裏切り天使側の戦力に

18巻のミカエル・フェルドウェイ・ヴェルザード
出典:『転生したらスライムだった件』(Ⅽ)伏瀬/講談社

 

野望終焉編で天使軍の攻撃が始まると、ヴェルザードはギィを裏切って天使側について戦うことになります。
フェルドウェイは天使長の支配でヴェルザードを支配し、彼女はギィの敵になってしまいます。

ヴェルザードはギィの城を破壊し、天使軍の本拠地に去っていきました。
その後、エルドラドでギィと戦いを開始しますが、ヴェルザードは洗脳されたフリをしていたことが発覚。

ヴェルザードは戦いという思いとギィに対する愛情から、本気で戦うために敵側になったのです。
彼女が満足しない限り戦いは終わらないと悟ったギィは、全力で戦う決意をします。

【転スラ】ヴェルザードと関係の深いキャラ

魔王ギィ・クリムゾンは行動を共にする相棒

玉座に座るギィ
出典:『転生したらスライムだった件』(Ⅽ)伏瀬/講談社

 

ギィは最初の魔王で、ヴェルダナーヴァに認められて世界を守る調停者となった存在です。
ヴェルザードは太古の昔にギィと戦って以降、彼のことを認めて相棒として行動を共にするようになりました。

ヴェルザードは彼の役に立ちたいという思いが強く、異性としても強い好意を抱いています。
一方でギィより強くないという欲望もあり、中々複雑な関係です。

数千年以上一緒にいると思われますが、Web版では最終章でようやく好きだと告白していました。

ギィに関しては以下の記事で詳しく解説しています、
興味のある方は是非チェックしてみてください。

ヴェルグリンドは妹

14巻表紙のヴェルグリンド
出典:『転生したらスライムだった件』(Ⅽ)伏瀬/講談社

 

竜種の次女であるヴェルグリンドは、ヴェルグリンドの妹でヴェルドラの姉でもあります。

炎を操る灼熱竜ですが、能力の本質は加速であり、加速による熱で炎を生み出しています
停止を司るヴェルザードとは正反対の能力を持っていると言えるでしょう。

ヴェルドラの教育については放任主義で、過激なヴェルザードとは度々揉めていました。
結局姉の方針に従って彼女もヴェルドラをボコボコにしていたらしく、弟には恐れられています

ヴェルザードとはよくケンカしていたようですが、仲は悪くありません。
ヴェルドラが倒されたと思った時は怒り狂っており、兄弟への愛情は深いです。

【転スラ】ヴェルザードについてまとめ

転生したらスライムだった件に登場するヴェルザードについて解説しました。

Web版では嫉妬心に付け込まれて操られていますが、書籍版ではギィと本気で戦うために洗脳されたフリをしていることが発覚しました。

味方に戻るのは間違いないと思われますが、Web版と異なる展開が待っているはずです。
ギィとヴェルザードの戦いがどんな展開になるのか楽しみに待ちましょう。

おすすめの記事