ウインクするパック
出典:リゼロ公式サイト
Re:ゼロから始める異世界生活に登場する猫のようなフォルムの精霊・パックは、かわいくてモフモフの癒し系キャラクターです。
普段はほのぼのと、エミリアの保護者のように過ごしているパックですが、実はリゼロ内最強の魔力を持っており、世界を滅ぼすほどの能力があるとのこと。
また、パックはエキドナが創り上げた人工精霊であり、ベアトリスとは兄妹関係、さらにパックはエミリアの父親で、スバルと同一人物なのでは!?とも言われています。
情報が多すぎて混乱するほど、多くの謎に包まれているパック……。
そこで今回は、パックのプロフィールから「終焉の獣」と呼ばれるパックの正体、パックとエキドナ・ベアトリスの関係、エミリアとの契約内容を詳しくご紹介していきます。
そして気になる「パックはエミリアの父親説」と「パックとスバルは同一人物説」についても、考察を含めお伝えさせていただきます!
謎の多いパックに詳しくなって、リゼロをさらに楽しみましょう!

リゼロ:パックとは?

リゼロの癒しマスコットキャラクターで、かわいい猫型精霊のパック。
パックの基本的プロフィールと、パックが「大精霊様」と呼ばれる理由を、パックのかわいい魅力と共にご紹介いたします。

パックのプロフィール

 

リゼロに登場するパックは、モフモフのグレーの毛を持つ体長9センチ、体重5グラムの猫型精霊で、エミリアの保護者のような存在です。
普段はかわいい姿と声、そして愛嬌のある性格をしており、皆に癒しを与えていますが、実は420歳であり巨大化すると20メートルを超える、世界を滅ぼす力を持つ獣になります。
またパックは、スバル曰く公務員のような勤務時間の9〜17時のみ活動しており、活動時間外はエミリアの持つ結晶・魔鉱石で休んでいます。

パックは四大精霊のひとり

 

大きな力を持つ四大精霊とは、人々に危害を加える恐ろしい存在として知られる、こちらの4つの精霊のことを指します。
  • 「通り魔」ザーレスティア…美しい殺戮者と呼ばれ、誰でも殺戮を繰り返すもの
  • 「石塊」ムスベル…意志も言葉も理念も持たない存在
  • 「霊獣」オドグラス…大精霊の中で唯一友好的な、人類に祝福を与える存在
  • 「調停者」メラクェラ…世界の均衡を保つため、常に世界を見張り、世界を乱すもの
パックは、エミリアが住んでいたエリオール大森林を燃やしに来たメラクェラを倒し、エミリアとエリオール大森林を救った過去があります。
メラクェラ討伐後、パックはメラクェラの後任として四大精霊の一角となった為、アニメリゼロの1期でパックは「大精霊様」と呼ばれていました。

リゼロ:パックの使える魔法や強さは?

パックはかわいい見た目を持つだけでなく、世界を滅ぼすほどの強大な力を持ち合わせています。
こちらでは、パックの使える魔法と、パックの強さをご紹介します。

パックが使える魔法

 

パックがは氷魔法・火魔法を主に使っていますが、その他にもスバルのシャマクを発動させるのに、陰魔法を使っているシーンも見られました。
また、治癒魔法でスバルを回復させていたこともあります。
パックが使う魔法は、どれも強大な力があり、氷魔法に関しては世界を滅ぼすほどの力を持ち合わせています。
他にも、尻尾で相手の属性を調べることが出来たり、「肉球ぐりぐり」や「尻尾パンチ」、「お返しパンチ」など、スバルとじゃれ合うかわいい技も持っています。

パックの強さはリゼロ内でトップクラス

暴食の魔女ダフネが創った三大魔獣の「白鯨」を討伐するまで、多くの困難と犠牲者が発生しましたが、そんな強敵である白鯨を、パックは1対1で倒すことができるほどの強さを持っています。
またパックは、巨大化して「終焉の獣」となることで、世界を一気に凍らせることが出来、スバルもパックの氷魔法で凍死した別ループもあります。
さらに、あの大罪司教ペテルギウスでさえも、パックにかかればいとも簡単に倒すことができるとのこと。
白鯨やペテルギウスを倒し、世界を滅ぼすことができるパックは、リゼロ内で最も強い力を持つ存在です。

リゼロ:パックの正体は?

四大精霊メラクェラの後任として強大な力を持つ、大精霊のパック。
その正体はなんとエキドナが創りあげた大精霊なのです!
パックの正体、パックとエキドナやベアトリスとの関係、そして怒りで大きくなるパックについてお伝えしていきます。

パックはエキドナの創った大精霊

 

かわいくも恐ろしい力を持つ大精霊のパックは、アニメリゼロ2期から登場するエキドナによって創られました。
リゼロの映画氷結の絆のPVにも出ている、エキドナとパックの契約内容である「離れた所から見守ることが君の存在と君の抱く願いとの妥協点だ」という言葉。
これは、「エミリアと契約を結ばないこと」を意味しています。
この条件のもと、エキドナの力により420年前にパックは大精霊となりますが、パックはエキドナとの約束を破ってエミリアと契約を結びます。
エキドナとの制約を破ったパックは、エキドナによって大精霊になる前の出来事や大精霊になった理由を、パックの記憶から消されてしまうのです。

ベアトリスとは兄妹関係

ベアトリスの記事でもお伝えしましたが、エキドナによりつくられたパックとベアトリスは、兄妹関係に当たります。
エキドナは420年前にパックを創り、約400年前にベアトリスを創った為、ベアトリスはパックを兄として「にーちゃ」と呼び、慕っているのです。

怒りで大きくなるパック

エミリアが危険な目に遭ったり殺された場合、パックは怒りで巨大化して「終焉の獣」となります。
通常9センチほどのパックですが、大きくなると20メートルを超え、表情や話し方も一変します。
アニメ1期でエミリアが殺された際や、リゼロの映画「氷結の絆」でパックが怒りで大きくなるシーンがあります。

リゼロ:パックの正体は終焉の獣!

パックはエキドナが創った大精霊であり、ベアトリスとは兄妹関係に当たるとお伝えしましたが、パックの正体は「終焉の獣」でもあります。
パックの正体である「終焉の獣」とはそもそも一体何なのか、またパックが「終焉の獣」と呼ばれる理由をお伝えします。

「終焉の獣」とは

 

「終焉の獣」とは、白銀色の毛に身を包み、黄金の瞳と大きな牙を持つ20メートル超えのパックの姿であり、パックの正体でもあります。
終焉の獣が飛ばした氷が突き刺ささって凍死するだけでなく、氷魔法を使って強力な吹雪と共に世界中を氷漬けにする力があります。

パックが終焉の獣と呼ばれる理由

エミリアが死んでしまった時など、パックは怒りによって巨大化し、終焉の獣となります。
「終焉」とは「終わりを告げること」をであり、終焉の獣であるパックはその名の通り、世界を滅ぼし、世界を終わりにさせる強大な力を持つ獣です。
パックのいる場所から徐々に凍らせていき、やがて世界全てを氷漬けにして、世界を終わらせる力を持っている為、パックは「終焉の獣」と呼ばれているのです。

リゼロ:パックとエミリアの契約内容とは?

300年間かけてエミリアを見つけ出したパックは、メラクェラとの対戦を機にエミリアと精霊の契約を交わします。
ですがアニメリゼロ2期では、エミリアとの契約をパックが自ら解除した為、パックはほぼ登場しません。
こちらでは、パックとエミリアの契約内容、そしてパックが自ら契約を解除した理由についてご紹介いたします。

パックとエミリアの契約内容

 

パックとエミリアの契約内容は、とってもほのぼのするこちらの2つの内容です。
  • エミリアの髪型・服装等のパックが決定する権利
  • エミリアがパックを毛づくろいする権利
嫉妬の魔女の容姿に瓜二つで、鏡を見ることにトラウマを持つエミリアは、実際にリゼロ原作の4章まで鏡を見ていません。
パックがエミリアの髪型・服装を決めるという契約内容は、鏡を見られないエミリアに対するパックの気遣いです。

エミリアと契約解除したパック

原作4章の聖域編にて、パックはエミリアとの契約を一方的に解除します。
なぜなら、パックがエミリアの傍にいることで、エミリアは試練をクリアできないからです。
試練は自身の過去を克服することでクリアできる為、試練を受ける際にはエミリアが自身の過去を見つめ直し、乗り越える必要があります。
ですが、パックはエミリアの過去の記憶を封印している為、エミリアは自身の過去を見つめ直し、克服することが出来ません。
その為パックは「リアを頼んだよ」とスバルに言い、エミリアから離れて記憶の封印を解き、エミリアに試練を受けさせます。
パックはエミリアのことを想い、自ら契約を解除して、魔鉱石から出てこなくなるのです。

リゼロ:パックはエミリアの父親?(考察)

パックは常時、エミリアのことを「僕の娘」や「リア」と呼び、エミリアもパックに心を開いています。
まるで本物の親子のように過ごしていますが、どう見ても二人は精霊とハーフエルフであり、親子だとは思えませんよね。
ですが、パックはエミリアの父親なのではないか?との情報が多々存在しています!
こちらでは、パックとエミリアが出会った時の過去の様子、そしてパックが本当にエミリアの父親なのか、考察を含めご紹介していきます。

パックとエミリアの過去の出会い

 

エミリアの暴走により氷漬けになったエリオール大森林では、エミリアやエミリアの仲間のエルフ達が氷漬けになっていました。
パックは氷漬けになっているエミリアを見つけ、「ごめん」と泣きながら氷を溶かします。
泣いているかわいい猫型のパックを前にしたエミリアは、パックを慰め、エリオール大森林でパックとエミリアの2人きりの生活を始めます。

パックはエミリアの父親?

 

パックはペテルギウスと出会ったことで、遥か昔の記憶を取り戻します。
その時のパックのセリフがこちらです。
「黙れ、狂人!一歩でもここからこの子に近づいてみろ!生まれてきたことを後悔させてやる!絶対にだ!」

「なんで、だ。なんで、あのときにボクは……いや、違う。思い出してきた。違う。そうだ、違う、違う!違う!ボクは……お、れは」

「俺の娘に、汚い手で触れようとしてんじゃねぇよ!」

「俺が何のために、こうなったのか思い出せた。娘を守るためだって、ようやく……そのための制約がこうだっていうなら、あの性悪め」

出典:Re:ゼロから始める異世界生活第4章
パックはペテルギウスと接触したことで、エキドナによって封印されていた「人間の頃の記憶」を取り戻します。
また、最後のパックのセリフにある「あの性悪」とはエキドナのことを指しています。
これらのセリフから、パックが本当にエミリアの父親であったこと、そしてエミリアとパックが契約を結んだ際、エキドナによってパックの記憶を消されていたことが分かります。
また、エキドナから「パックの過去の記憶が消え、いつか存在すら消えてしまう」という制約がなされていました。
さらに、パックが契約を破った罰として「いつか存在すら消えてしまう」の「いつか」は、パックが魔鉱石から出てこなくなったアニメ2期の状態を意味しているのかも知れません。

リゼロ:パックとスバルは同一人物?(考察)

パックがエミリアの父親である説の他に、パックとスバルが同一人物なのでは?という説もあります。
それは、パックが過去を思い出した時のセリフとスバルの口調が同じだからです。
「生まれてきたことを後悔させてやる!絶対にだ!」
こちらのセリフは、パックが記憶を取り戻し、ペテルギウスに対して言ったセリフですが、暴食の魔女にレムの存在と記憶が消された際にスバルが言ったセリフでもあります。
同じ口調とセリフであることから、記憶を取り戻したパックはスバルと同一人物ではないかとも言われています。
また、パックがスバルに対し「遅すぎたんだよ」や「怠惰だね、スバル」と言い、スバルの死に戻りについて知っているような発言をする場面もありました。
そして、パックもスバルも、エミリアに対して多大な愛情を持っています。
これらのことから、パックとスバルは同一人物なのではないかと考えられます。

リゼロ:パックの気になる今後は?

エミリアとの契約を自ら解除した為、パックの休憩場所であるエミリアの魔鉱石にはひびが入り、パックはエミリアの持つ魔鉱石の中にいることができなくなっていました。

そこでスバルは、リューズメイエルの結晶石にパックをぐいぐいと詰め込み、実はパックはそこでマナを供給されながら過ごしていたのです。

ですが、純度の濃いちゃんとした結晶が必要とのことで、リゼロ5章の水門都市プリステラ編では、パックが暮らすのに必要な結晶石を探しに行くことになります。

5章がアニメ2期で放送されるかは分かりませんが、またかわいいパックの姿を見られるのはとても楽しみですね!

強くてかわいいパックを知れば、リゼロがもっと楽しくなる!

 

エミリアの傍にかわいく存在する猫型精霊のパックは、エキドナの創り出した大精霊であり、ベアトリスと兄妹関係に当たります。
また、パックの正体は「終焉の獣」と呼ばれ、世界を滅ぼす強大な力を持っており、その力はリゼロ内最強で、白鯨やペテルギウスを簡単に殺すことができるのです。
そしてパックは、エミリアの父親ではないか、もしくはスバルと同一人物なのではないかとも言われています。
リゼロの原作やアニメを見返すことで、パックの真意に触れることができるのではないでしょうか。
現在放送中のアニメリゼロ2期と共に、ぜひ改めてリゼロの原作やアニメ1期を見てみましょう!
スポンサーリンク
アニメの続きが気になる…原作漫画で一気に読みたい!そんな時は?

アニメの続きが気になって、原作漫画を購入しようとしているなら、下記3サイトを利用してお得に購入しましょう!

ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②初回50%オフセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③漫画は9000冊が無料読み放題!

 

DMM電子書籍
DMM電子書籍のおすすめポイント
①初回購入50%オフクーポン
②初回以外もお得なキャンペーンが頻繁に開催
③アダルト電子書籍業界No.1
まんが王国
まんが王国のおすすめポイント
①3000作品以上が無料で試し読みができる
②無料会員登録で半額クーポンがもらえる
③レビュー機能が充実!漫画購入の参考になる!
おすすめの記事