スポンサーリンク

ルイは兄たちと違い、達観したような物言いをし、空虚で気怠げといった雰囲気を持っています。
表面的には兄たちを尊敬しているような口ぶりですが、二人の主義には同感できず、「出来の悪い兄弟を持つと苦労する」と少々見下している節があります。

スポンサーリンク

【リゼロ】暴食(ライ、ルイ、ロイ)の強さや能力

ライ(ルイ、ロイ)は、魔女教大罪司教なだけあり、相当な強者です。
ここからは暴食の強さと能力をご紹介させていただきます。

食事

ライ、ロイ、ルイの3人は、相手に触れることで相手の名前や記憶を奪うことができます。
名前を奪われたものは誰からの記憶からも消え、あたかも存在しなかったかのような状態になってしまうのです。

ただし、名前を奪うには相手の名前が判明しなければならないので、本名を明かさなければ権能から逃れることも可能ですが、記憶を奪った相手と関わりのある人物の場合、記憶の中で名前が判明している場合もあり、その場合は、触れられた際にこの権能から逃れることはできません。

また、なぜかスバルにはこの権能の効果が影響せず、名前が奪われたとしてもスバルの記憶から消えることはありませんでした。

食べた相手を戦闘に応用できる能力で、「月食」と「日食」の2パターンがあります。

月食は食べた相手の知識や能力を活用し、自らの技術のように扱うことができます。
しかし、こちらはあくまでも技術の応用に過ぎず、実際の戦闘能力は扱うライやロイの実力に依存するものです。

日食は食べた相手の人物自体を再現できる能力で、ライやロイの実力にかかわらず、その相手の実力をそのまま再現することができます。
日食はかつての偉人などの技もそのまま再現できるため、非常に強力な能力ですが、この日食には欠点があります。
長時間使用することで自分の人格が上書きされるような感覚に陥り、自分の人格が不安定になってしまうのです。

ただし、ルイに関しては日食のデメリットがありません。
もともと存在が曖昧であるルイの場合は、日食を使用しても人格が曖昧になることはなく、無制限に使用することができます。
これが、実際の戦闘力では兄たちを上回ると言われている所以です。

スポンサーリンク

【リゼロ】暴食(ライ、ルイ、ロイ)に名前や記憶を奪われた人物は?

続いて、暴食の被害にあった人物たちを見ていきましょう。

レムの記憶と名前、クルシュの記憶を奪う

 

アニメ2期第一話の冒頭、白鯨討伐後の部隊のを襲ったライたちは、皆を守ろうと立ち向かうレムの記憶と名前、クルシュの記憶を奪いました。
これにより、レムは皆から忘れられた上に、目を覚さない「眠り姫」の状態となり、記憶を無くしたクルシュは、それまでの凛とした強さのある性格の女性ではなくなってしまいました。

レムといえば、ヒロインの一人として人気の高いキャラクターでしたが、ライの仕業によりアニメ2期にはレムがほとんど登場しない状況に陥ってしまったため、落胆したファンが後を絶ちませんでした。

ユリウスの名前を奪う

 

原作第五章、水門都市プリステラにて、ロイがユリウスの名前を奪いました。

「最優の騎士」として名高かったユリウスでしたが、仕えていたアナスタシア・ホーシンからも忘れられ、自身が契約する準精霊からも忘れられ、一時は自身を見失うほどに自信を喪失してしまいました。
しかし、唯一ユリウスを覚えていたスバルの激励により、本来の自分を取り戻したのです。

エミリアの名前を奪う

 

第六章のプレアデス監獄塔にて、暴食が襲来した際、エミリアはライに名前を奪われてしまいました。
皆がエミリアとの記憶を無くす中、スバルだけがエミリアのことを覚えており、エミリアにとって、このスバルだけでも自分のことを覚えていてくれたというのが大きな原動力となり、エミリアは見事プレアデス監獄の試練を突破することに成功したのです。

スバルの記憶を奪う

プレアデス監獄塔にて、スバルは一時記憶喪失となりました。
後ほど詳しくご説明しますが、これはルイの仕業であり、記憶の回廊でルイと出会ったスバルはそれまでの異世界へ来てからの記憶が全てなくなってしまったのです。

スポンサーリンク

【リゼロ】暴食(ライ、ルイ、ロイ)の最後をネタバレ!

そんな凶悪な暴食の最後も気になるところですよね。
ここからは暴食三人の最後についてお話させていただきます。

ライ・バテンカイトスの最後

ライ・バテンカイトスは第六章にてロイとともにプレアデス監獄塔へ襲来しました。
スバルの采配により、そのライと応戦することになったのが、レムの姉であるラムです。

ラムはかつて「鬼神の再来」と謳われた鬼族の神童でしたが、魔女教徒により生命線であるツノを奪われ、常に体調不良と戦うラムは、本来の力が出せない状況にありました。
しかし、スバルが新たに体得した強欲の魔女因子、「コル・レオニス」の力によりラムの苦痛を請け負うことで、ラムはある程度の力の解放が可能となり、ライを圧倒します。

命の危機を感じたライは、それまで使用を躊躇っていた「日食」を使い戦線から離脱することに成功します。
しかし、日食を多様したライはだんだんと自我が曖昧になり、その代わりに意思としてレムの記憶が強く根付きました。
この時ライは自身の変化に気づいていませんでしたが、ライの体はさまざまな人物の体のパーツがごちゃ混ぜの体に、レムの頭がついているという状態に至るほど自身の存在が曖昧になっていたのです。

一方、メイリィの負傷により、スバルはラムの負担を多く引き受けることができなくなったため、ラムは力の解放ができない状況陥りました。
しかし、共感覚を通じ、レムのツノを通してマナを自身に供給し、苦痛をレムに流し込むことで再度力を解放し、ライを追い詰めました。

スポンサーリンク
アニメの続きが気になる…原作漫画で一気に読みたい!そんな時は?

アニメの続きが気になって、原作漫画を購入しようとしているなら、下記3サイトを利用してお得に購入しましょう!

ebookjapan
ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②初回50%オフセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③漫画は9000冊が無料読み放題!
DMM電子書籍
DMM電子書籍
DMM電子書籍のおすすめポイント
①初回購入50%オフクーポン
②初回以外もお得なキャンペーンが頻繁に開催
③アダルト電子書籍業界No.1
まんが王国
まんが王国
まんが王国のおすすめポイント
①3000作品以上が無料で試し読みができる
②無料会員登録で半額クーポンがもらえる
③レビュー機能が充実!漫画購入の参考になる!
おすすめの記事