【ワンピース】千両道化のバギーが四皇入りした理由とは?伏線から徹底考察!
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

ワンピース1053話では最新の四皇の手配書が出回り、新しい皇帝達が判明しました。
その中でもワンピース当初から登場しているバギーが四皇になり盛り上がっています。

今回はそんなバギーについて、徹底的に解説・考察していきます!

四皇になった「千両道化のバギー」とは?


1053話で四皇の仲間入りをした「千両道化のバギー」について、まずは基本的な情報を振り返っていきましょう。

バギーのプロフィール

 

名前バギー
誕生日8月8日
年齢2年前:37歳
2年後:39歳
身長13歳時:130㎝
2年後:192cm
血液型F型
星座しし座
出身地偉大なる航路
好物ホットドッグ
悪魔の実バラバラの実
通り名元:道化のバギー
現在:千両道化のバギー
初登場
  • 幼少期:ロジャー海賊団 見習い
  • 登場初期:バギー海賊団 船長
  • 元:王下七武海
  • 現在:海賊派遣会社 バギーズデリバリー 座長、四皇
懸賞金元:1500万ベリー
現在:不明
懸賞金ランキング元:119位
現在:不明
初登場2巻 第9話 “魔性の女”

バギーの強さと「バラバラの実」の能力

強さ

  • 小さな村程度なら一発で滅ぼせる威力を持つ”特製バギー玉”やそれを小型化した”特製マギー玉”を使う
  • ロジャー海賊団に見習いとして所属していた経歴がある

能力

体をバラバラにできる

  • バラバラになれるため斬撃無効
  • バラバラにした部位は足元のパーツ以外を一定の範囲内で浮遊させることができる

その他の魅力

  • 七武海入りなど結果的に漁夫の利を得る「豪運」
  • その場にいる海賊たちが仲間になる「カリスマ性」

バギーの仲間一覧

ここではバギーの仲間である主要なキャラクターについてみていきましょう。

副船長:モージ

名前モージ
誕生日10月1日
年齢2年前:27歳
2年後:29歳
身長197cm
通り名猛獣使いのモージ
初登場2巻 第12話 “犬”
ペットライオンのリッチー

参謀長:カバジ

名前カバジ
誕生日9月8日
年齢2年前:32歳
2年後:34歳
身長208cm
通り名曲芸のカバジ
初登場2巻 第15話 “GONG”

幹部:ギャルディーノ(Mr.3)

名前ギャルディーノ
誕生日3月3日
年齢2年前:35歳
2年後:37歳
身長179cm
通り名バロックワークス時代:Mr.3
闇金ギャルディーノ
初登場13巻 第117話 “ドリーとブロギー”

協力関係:アルビダ海賊団

東の海の女海賊「アルビダ」が船長を務める海賊団。

ルフィに敗れた者同士、復讐を目標とする「バギー&アルビダ連合」を東の海で結成。

偉大なる航路に入った後は、キャプテン・ジョンの財宝探しに夢中になっている。

バギー四皇入りをネタバレ!これまでの経歴と懸賞金まとめ

ここでは、バギーが四皇入りを果たすまでの経歴を確認していきましょう。


過去編:シャンクスと共にロジャー海賊団の見習いをする

バギーはかつて現在の四皇シャンクスと共に、海賊王ゴール・D・ロジャーの海賊団で見習いをしていた過去があります。

シャンクスとバギーはウマが合わなかったようで、度々くだらない喧嘩をしてはレイリーに叱られるというのがお決まりだったようです。

また、バギーの「バラバラの実」もこのころ敵船から奪った財宝の中で発見しており、当初は仲間に隠れて悪魔の実を売り飛ばそうと考えていました。

しかし逃亡を図った時にシャンクスに話しかけられ、びっくりした拍子にうっかり丸吞みして能力者になってしまったという経験から、現在もシャンクスに対して恨みを抱いているようです。

ちなみにロジャーがラフテルへ向かう頃バギーは高熱を出してしまい、その看病をかって出たシャンクスと一緒に残ることとなったため、二人はラフテルに上陸していません。

東の海編:オレンジの町を襲撃中にルフィ達と出会う

バギーの初登場は東の海編での、オレンジの町襲撃事件でした。

この時にルフィ・ゾロ・ナミと出会い戦闘を繰り広げましたが、最終的に空の彼方までぶっ飛ばされるかたちで敗北。

その後仲間たちの元に合流するまでの物語は、扉絵連載「小さなバギーの大冒険」で描かれており、この冒険の最中にアルビダと出会って同盟を結んでいます。

また、仲間たちと合流した後はローグタウンで麦わらの一味を追い詰め、バギーはルフィを処刑台の上で斬首刑に処すところまでいきましたが、天がルフィに味方をしたのか、バギーは落ちてきた雷に打たれルフィ殺害はかないませんでした。

そしてルフィを追いかけるため、偉大なる航路への突入を決意しました。

ちなみに、このころのバギーの懸賞金は1500万ベリーで、以降懸賞金の変動は判明していません。


インペルダウン編:囚人を解放しルフィ達と共に脱獄を成功させる

バギーはロジャー海賊団に所属していた時からの「世界中の財宝を独り占めする」という野望のため、「キャプテン・ジョンの宝の洞窟」に乗り込みます。

しかし実はそこが「海軍の駐屯地」だったため、捕まってインペルダウンに投獄されることに。

隙をついて脱獄するものの、エースを探しにインペルダウンに乗り込んできていたルフィと鉢合わせ不運が重なった結果、最終的には多くの囚人を解放し脱獄に成功しますが、ルフィと共に海軍から「インペルダウン大脱獄の主犯」と認識されるようになりました。

マリンフォード頂上戦争編:運に翻弄された結果 “王下七武海” に加入

前述のインペルダウン編から続き、解放した元囚人たちから崇められていたバギーですが、脱獄後の行き先がマリンフォードであると知り反対します。

しかし海軍によって「元ロジャー海賊団のクルー」という情報が出回った結果元囚人たちに担がれ、いつものように調子に乗ったバギーは「白ひげの首を取る」と豪語してそのまま頂上戦争に参加。

そしてこれまたいつものように、重傷を負ったルフィとジンベエを偶然救出するなど何故か大事な局面に登場し、終戦後「王下七武海」に加入することになりました。


新世界編➀ゾウ編:海賊派遣組織 ”バギーズデリバリー” を創設し座長を務める

新世界ゾウ編では、元囚人たちが手下になった組織力を活かして「海賊派遣組織 ”バギーズデリバリー”」を創設。

王下七武海だったドンキホーテがルフィに敗北したことで武器や人造悪魔の実の流通がストップし、その代わりとして海賊派遣事業は大いに盛り上がっていました。


おすすめの記事