【ワンピース】ビックマムのまとめ完全版!ワノ国編で死亡する?能力や強さも!
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

ワンピースの世界で長らく四皇として君臨してきたビッグマムですが、ワノ国編ではとうとうキッドとローに敗れ、四皇の座を退くことになりました。

今回はそんなビッグマムの強さ、経歴、死亡説などを徹底的に解説・考察していきます!

ワンピースのビッグマムとは

まずはビッグマムについて、基本的な情報をみていきましょう。

ビッグマムのプロフィール

ビッグ・マム
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

名前シャーロット・リンリン
誕生日2月15日
年齢68歳
身長880cm
血液型X型
星座みずがめ座
出身地偉大なる航路
好物甘いお菓子
悪魔の実ソルソルの実
通り名ビッグマム、天候を従える女
役職羊の家の孤児→ロックス海賊団船員→ビッグマム海賊団船長、元四皇、万国女王
懸賞金5000万ベリー→5億ベリー→43億8800万ベリー
懸賞金ランキング4位
初登場83巻 第829話 “海賊「四皇」シャーロット・リンリン”
武器現:ナポレオン、プロメテウス、ヘラ
元:ゼウス
家族夫:43人
息子:46人
娘:39人

ビッグマムのその他の情報

ビッグマムの若い頃は、現在の姿とは呼び名も容姿も随分違ったようです。

本名はシャーロット・リンリン

現在はビッグマムと呼ばれることの方が圧倒的に多いですが、本名はシャーロット・リンリンといいます。

ビッグマムという名前の由来はおそらく名前通り大家族の母であることだと思われ、若い頃を知るカイドウなどはリンリンと本名で呼んでいるようです。

若い頃は今より痩せていて美女だった

現在ビッグマムはかなりの巨体で描かれています。

身長は歴代四皇の中で一番高く、かつ横にもかなり大きく存在感があります。

しかし、若い頃はかなり痩せていて、強気な雰囲気をしている美女です。

若い頃が一番初めに描かれたのは86巻のSBSのコーナーです。

尾田先生が読者の要望に応えて、28歳と48歳の頃のイラストを描いてくれました。

その後本編でも、103巻1041話のカイドウの回想シーンで若い頃が描かれました。

ビッグマムの性格

ビッグマムは自分のことを筋道さえ通っていれば話の分かる女と思っているようです。

確かに、優しい姿をみせることもあり、子ども相手だとマザーモードと呼ばれるほど優しい態度をとることもあります。

また、「非道な海賊の世界にも仁義ってモンがあんだろうが」と話し、仁義に背いていると感じれば同盟相手だろうと関係なく殴り倒す様子が描かれています。

しかし、殴り倒した相手(ページワン)はビッグマムが怒った件(おこぼれ町が百獣海賊団に襲われた)と直接関係がなく完全にとばっちりなうえ、そもそも根本から独裁的な思考が根付いているため、話が分かるとは言い難いような性格をしています。

基本的に、来る者は拒まないが去る者は容赦なく殺すというスタンスで、自分の言うことを聞かない奴は我が儘だから殺すという考えを持っているようです。

ワンピースのビッグマムの悪魔の実「ソルソルの実」とは

次にビッグマムの悪魔の実「ソルソルの実」について、詳しく見ていきましょう。

超人系悪魔の実「ソルソルの実」の能力

ビッグマムの悪魔の実は「ソルソルの実」と言って、超人系です。

ソルソルの実の能力者になると、魂(ソウル)を自在に操ることができるようになります。

ソウルとは生命エネルギーや寿命のことで、一定の条件を満たせば他人のソウルを奪ったり自分のソウルを具現化して使役したりできます。

また、奪った他人のソウルを別のものに入れることで人格化させることもできます。

ただ、ソウルを入れられるのは動植物や無機物など限定で、他人や死体に入れることはできません。

ソルソルの実の前任はマザー・カルメル

ソルソルの実は、幼少のころのビッグマム(リンリン)が育った孤児院「羊の家」の”聖母”マザー・カルメルが前任者だったと判明しています。

カルメルはソルソルの実の能力者でしたが、作中でその能力を海賊行為などの悪事に使用した姿は描かれていません。

また、カルメル本人は自身のビジネスを、孤児を育てた後に海軍に売り払いお金を貰う「ガキ売り稼業」と表現していましたが、別に子どもを拉致して集めているわけでもなければ、前述のように能力を使った悪事を働いたりするわけでもないので真の悪人とは言えないような人物です。

子どもを売っていた(斡旋という言い方の方が合っている気もするが)ことを知らないとはいえ、リンリンもカルメルを大層慕っていました。

ワンピースのビッグマムの強さ

ここでは、ビッグマムの強さについてみていきましょう。

ビッグマムは元四皇で懸賞金43億8800万ベリー

ビッグマムは災厄と呼ばれるほどの強さと狂気性を持っており、その強さから以前は四皇の座についていました。

また、女性海賊の中の最高金額である43億8800万ベリーという懸賞金額も、ビッグマムの強さを表しています。

覇気も、武装色、見聞色、覇王色の全てを使いこなしており、そのあまりの覇気の強さから天変地異を引き起こしてしまうほどです。

ワノ国のカイドウ戦でゴムゴムの実を覚醒させ、新たな力”ギア5”を利用してカイドウを打倒したルフィでしたが、そのひとつ前のギア4ではビッグマムに歯が立たないほどで、まさに災厄レベルの強さです。

なお、ビッグマムと並んで四皇に君臨していたカイドウを倒したギア5については、こちらの記事で詳しく解説・考察しています。

 

四皇についてはこちらの記事で詳しく解説・考察していますので、ぜひチェックしてみてください!

おすすめの記事