上がってもいいのかわからず慌てる隠を前にニコニコしているカナヲは、何を考えているのかわからないところが可愛いと話題になりました。

可愛いシーン②炭治郎への恋心?に気づいた瞬間

自分の意思で物事を決められないカナヲは、誰かと話すかどうかすらもコインを投げて決めていました。

コインを投げた結果炭治郎と話すこととなったカナヲは、なぜコインを投げるのかを炭治郎に伝えます。
すると炭治郎は、コインの表が出たら自分の心の声に従うようカナヲに言い、見事表を出し、「頑張れ!!人は心が原動力だから、心はどこまでも強くなれる!!」とカナヲの手を取りました。

なぜ表を出せたのかと理由を問うカナヲに、炭治郎は満面の笑みで、「偶然だよ、それに裏が出ても表が出るまで何度でも投げ続けようと思ってたから」といいます。
その言葉と態度に心を動かされたカナヲは、炭治郎の握ったコインの温もりを確かめるかの様にきゅっとコインを抱きしめるのです。

その後キヨに突然声をかけられ、驚いて転んでしまうあたりもとても可愛いと話題になったシーンでした。


可愛いシーン③師匠への態度

師匠である胡蝶しのぶは感情を表に出すことがなかったカナヲをのことを案じていました。
しかし炭治郎と出会い心に変化が起こり始めたカナヲは、しのぶともっと稽古をしたいとおねだりしたのです。

もじもじしながらも珍しく自身の気持ちを伝えたカナヲと、カナヲの心の成長に安心し微笑むしのぶの姿はほっこりすると話題になりました。

可愛いシーン④可愛い顔をして毒舌

栗花落カナヲは見ての通り可愛い顔をしているのですが、実はとっても毒舌なんです。
童磨戦にて、大事な師匠を殺された怒りから毒のある言葉でまくしたて「貴方、なんのために生まれてきたの?」と笑顔で問いかけたのでした。

これには普段ヘラヘラしている童磨も真顔になり「君みたいな意地の悪い子初めてだよ、なんでそんなひどいこと言うのかな?」と少し怒ったような表情を見せました。
その童磨の問いに対しても「わからないの?貴方のこと嫌いだから、一刻も早く頸を切り落として地獄へ送りたいから」と答えたのです。

顔に似合わず毒舌なカナヲの意外性に魅了されファンとなる人がさらに増えたシーンでした。


可愛いシーン⑤初めて涙を流した瞬間

栗花落カナヲが生まれた家では泣くと蹴飛ばされ、踏まれ、さらには引き摺り回されて水につけられる、そんな幼少期を過ごしたために涙を流すことができませんでした。
カナヲは、カナエが亡くなったときに涙を流せなかったことを悔やんでいました。

童磨討伐後、カナヲは心の中で泣けなかったことを謝ります。
するとカナヲの前にしのぶとカナエが現れ「がんばったね、カナヲ」とカナヲの頭を撫でたのでした。

カナヲの目には涙が溢れ、初めて感情あらわにして涙を流したのです。

【鬼滅の刃】栗花落カナヲのまとめ


いかがでしたか?
今回は、栗花落カナヲの可愛シーンや噂の真相、過去に至るまでたっぷりとお話させていただきました。

終盤になるにつれて登場シーンが増えたカナヲは一気にファンが増えたキャラクターですよね。
もう一度初めから物語を見返したくなった方も多いのではないでしょうか?
そんな方はぜひ以下をご覧ください!

関連記事


おすすめの記事