しのぶの覚悟があったからこそ、童磨を倒すことができたのです。

【鬼滅の刃】童磨としのぶ・カナヲ・伊之助の関係性


胡蝶しのぶ、カナヲ、伊之助の3人の協力により、童磨を倒すことができたのですが、実は3人とも童磨との関係があったのです。
その関係とはなんだったのか、それぞれ1人ずつ紹介します。

胡蝶しのぶ:童磨は姉・カナエの仇

 

胡蝶しのぶは、童磨に対して強い恨みを持っていました。
その理由は、しのぶの姉であるカナエは、童磨によって殺されていたからです。

幼い頃に両親が鬼に殺され、2人で生きてきた胡蝶姉妹は、「他の人にこんなつらい経験をさせたくない」という思いで、鬼殺隊に入隊。
カナエはしのぶに比べ、体格もしっかりしていて、剣の才能もあったため、花柱まで昇り詰めるほどでした。

そんなある日、カナエは童磨に遭遇。
かなり長くまで戦いは続いたですが、カナエは負けてしまうのです。

しのぶが駆けつけた時には、カナエはすでに死ぬ寸前。
最後に、戦った鬼の特徴を伝え、カナエは息を引き取ったのでした。

そこから、しのぶは姉の仇をうつために、生きていこうと誓ったのです。


カナヲ:童磨は胡蝶しのぶの仇

 

両親に捨てられ、人買いに売られたカナヲを保護してくれたのが、当時すでに鬼殺隊士だった胡蝶姉妹でした。

それから、胡蝶姉妹の蝶屋敷に住ませてもらいながら、自分で呼吸を習得。
そして、最終選別に受かってしのぶの継手になったのです。

いつも優しく修行してくれた、尊敬していた恩人がしのぶでした。

そのしのぶが、童磨によって目の前で殺されたカナヲは、師匠であるしのぶの仇をうつために、童磨との死闘を繰り広げたのです。

伊之助:童磨は母・琴葉の仇

 

伊之助は幼い頃、山で猪に育てられていたため、自分には母親はいないと思っていました。
しかし、それが間違いであったことを童磨から知らされることに。

実は、伊之助の母は童磨によって殺されていたのです。

母の名は『琴葉』といい、童磨が鬼であることを知らずに一緒に暮らしていました。
しかしある日、童磨が女性を喰べているところを目撃してしまい、赤ちゃんだった伊之助を連れて逃げ出します。

追いつかれると思った琴葉は、伊之助だけは助けようと崖から落とし、琴葉自身は童磨によって殺されてしまったのでした。

その過去について知った伊之助は、母の仇をうつために、童磨と戦ったのです。

【鬼滅の刃】童磨の死亡シーンまとめ

童磨がどのように死亡したのか、かなり詳しく説明したのでお分かりいただけたかと思います。

童磨の戦い、面白いんですよね。3人それぞれが童磨に対する思いが強いので、見応えはあると思います。
そして胡蝶しのぶの毒が、勝負の命運を分けるほどの重要な役割を果たしていました。涙なしでは見れない戦い、ぜひご覧になってください。


童磨の関連記事


おすすめの記事