目次

我妻善逸の名言③:これは絶対に俺がやらなきゃ駄目なんだ

これは柱稽古の一環である反復動作の稽古中の一コマ、普段テンションの高い彼が物静かに自身の決意を口にするシーンです。
獪岳が鬼になり桑島慈悟郎が切腹したことを知らせる手紙を受け取り、彼はけじめとして獪岳を倒すことを決意しました。
そして、決意を竈門炭治郎へ伝えるこのシーンは、寝ていないのにかっこいいと話題になったシーンでもあります。

【鬼滅の刃】我妻善逸と仲間との関係は?

炭次郎と同期

我妻善逸は主人公である竈門炭治郎、そして嘴平伊之助と一緒に最終選別を受け生き残った同期です。

最終選別前から顔に傷を負っていた彼ですが、理由はなんと最終選別へいくのを嫌がった彼と、師範である桑島慈悟郎とで一悶着あり、桑島慈悟郎にめちゃくちゃにビンタされてしまったんだとか。

我妻善逸の相棒は雀

鬼殺隊院には鎹鴉という連絡用の鴉と任務につくことになるのですが、我妻善逸だけはは鎹鴉ではなく、鎹雀があてがわれました。

我妻善逸に(女の子ですが)チュン太郎と名付けられた鎹雀ですが、家族を鬼に殺され、自分では鬼を倒すことはできない為、伝令役を志願したんだそうです。

【鬼滅の刃】我妻善逸の面白シーン

リアクションが多彩な我妻善逸は数々の面白シーンも生み出しています。
その中から3つの面白シーンをご紹介させていただきますね。

炭次郎の骨折を責める我妻善逸

 

竈門炭治郎と初めて二人で任務につくことになった際、我妻善逸は自身を守ってくれるよう竈門炭治郎に頼みますが、彼は肋と足が折れてることを告げます。
すると我妻善逸は「えええーッ、何折ってんだよ骨、折るんじゃないよ骨、折れてる炭治郎じゃ俺を守りきれないぜ、ししし死んでしまうぞ」となんとも無責任なことを言い出すのでした。

その後もしばらく怯え騒ぎ続ける我妻善逸と竈門炭治郎との面白いやりとりが続きます。

炭次郎が禰豆子を連れていることを知った際の我妻善逸

先ほどご紹介した通り、箱の中身が鬼だと知りながらも炭治郎が戻るまで禰豆子の入る箱を守った我妻善逸でしたが、箱の中にいるのが可愛らしい禰豆子であることが分かった途端態度が豹変しました。
禰豆子が炭治郎の妹と知らない彼は、嫉妬に狂った顔で「いいご身分だな……!!!」と怒り狂い、彼は夜明けまで騒ぎ続けたのです。

禰豆子を殺そうとしていた嘴平伊之助は寝てしまっていた。と言うのも面白いポイントですね。

人面蜘蛛を目撃した我妻善逸

 

‎那田蜘蛛山にて、蜘蛛がたてる物音にびくつきながら竈門炭治郎と嘴平伊之助を探す我妻善逸でしたが、「ガサッ」と一際大きな物音に「もーっ、うるさいよ、じっとしてて!!」と振り向いたところになんと人面蜘蛛がいたのです。
そして、「こんなことある!?」と叫ぶと、夢であることを願って喚きながら走り出したのでした。

人面蜘蛛のなんともいえないシュールな表情も相まって思わず笑ってしまうワンシーンです。

【鬼滅の刃】我妻善逸の終盤の活躍とその後

眠ることなく鬼舞辻無惨戦に参戦

これまで眠ることで力を発揮してきた我妻善逸ですが、先ほどお話させていただいたように、獪岳戦にて眠ることなく技を繰り出しました。
その後鬼舞辻無惨戦に参戦した我妻善逸ですが、なんとここでも眠ることなく鬼舞辻無惨に立ち向かったのです。

冷静に戦況を見極め技を繰り出す善逸の姿に驚いた読者の方も多かったのではないでしょうか。

禰豆子と結ばれた?

作中で禰豆子に想いを寄せていた善逸ですが、その恋は実ったのかというのも気になるところですよね。
最終回、物語では現代が描かれていたのですが、なんと善逸と禰豆子の子孫と思われる兄弟が描かれているのです。

姉の吾妻燈子(あがつまとうこ)は禰豆子によく似ており、弟の吾妻善照(あがつまよしてる)は善逸によく似ています。
吾妻善照が「善逸伝」と書かれた善逸の戦いの記録と思われるものを読んでいるところへ吾妻善照が「またひいおじいちゃんの嘘小説読んでるの!?」と言っていることから、2人は善逸と禰豆子のひ孫のようです。

ギャグのように描かれていた善逸の想いですが、最終的に結ばれていたことを知り喜んだ善逸ファンも多いはずです。

【鬼滅の刃】我妻善逸のまとめ

今回は鬼滅の刃より我妻善逸を紹介させていただきました。
ヘタレなイメージのある彼ですが、優しい一面や可愛らしい一面、さらには強くてかっこいい一面まであるんです。
終盤、無限城編に突入してからは眠ることなく技を繰り出すシーンが描かれ、鬼舞辻無惨へも立ち向かう姿が印象的でしたね。

関連記事

おすすめの記事